柳岡 克子やなおか よしこ
総合学習センター柳岡塾塾長
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

昭和39年、和歌山県御坊市生まれ。
仮死状態で生まれ、四肢関節拘縮症。2年半の入院手術後、退院。
母の送り迎えで健常児と一緒の小中校を卒業。神戸学院大学薬学部卒業。薬剤師。障害者卓球と出会い、パラリンピックをめざす。数々の全国大会(クラス6)で優勝。アメリカ、台湾、ベルギーなど世界の大会へも挑戦。

現在、御坊市身体障害者福祉協会、異業種研鑽会、ウイズ・ア・スマイル会長。

経歴

1964年 11月、和歌山県御坊市で仮死状態で産まれる。2年半の入院、手術リハビリ後歩けるようになり退院。
1969年 御坊幼稚園入園、じゃんけんができないことで自分の障害を自覚する。
1971年 おしっこが一人でできないことで養護学校を薦められるがポータブルトイレにて御坊小学校の入学を許可される。
1975年 皆の前で50メートル泳げる。がんばればできることがあると自信を持つ。
1977年 御坊中学校入学、自転車に乗れないことを悲観し自殺を考える。吹奏楽部でドラムをたたく。
1980年 日高高等学校普通科入学。合唱部に入る。
1981年 信州への修学旅行に車椅子で参加。クラスの友情に感謝。
1983年 神戸学院大学薬学部入学。あすか寮での仲間に支えられた生活を始める。
1987年 神戸学院大学卒業。薬剤師国家試験合格。栗山塾へ就職。
1989年 総合学習センター柳岡塾開設。
1991年 ドラッグストアでアルバイト、障害者卓球と出会う。その後「クラス6」で全国優勝、国体出場、アメリカ・台湾・ベルギーの大会へ出場。
1999年 NHK教育テレビ「きらっといきる」ゲスト出演、講演活動始める

主な講演テーマ

 「生きている喜び」 

「ゼロからのスタート」
「薬の正しい飲み方」
「輝く女性」
「元気で働くために」

講演要旨

「生きている喜び」

障害を持って生まれ、2年半の入院・手術の後、歩けたこと。
健常児とともに幼稚園、小・中・高校に通ったエピソード。
神戸学院大学薬学部に入り家族と離れて生活した4年間。
障害者卓球と出会い、パラリンピックをめざす。
病気をして命の尊さ、家族や友人の大切さを感じる。
現在、恩返しのため、障害者、女性としてだけでなく幅広く活動中。

実績

障害児者父母の会近畿ブロック大会
広川町人権啓発推進委員会
茨木みのり幼稚園
和歌山市和佐地区人権委員会
和佐小学校
広小学校
由良町立由良小学校
田辺市立上山路小学校
大阪市立工芸高等学校
石垣中学校
海南市民生委員児童委員協議会
和歌山市野崎地区人権尊重委員会
日高高校
南部高校
いのちと出会う会
海南市内海地区人権尊重推進委員会
有田2000ロータリークラブ
オストミー協会和歌山県支部総会
FP和歌山スタディグループ
紀央館高校
稲原小学校
橋本・伊都ふれあい広場
津木小学校
久野原小学校
海南市大野地区人権尊重推進委員会
串本町ふれあいいきいき祭り
北富田小学校
内原小学校保護者会
那智勝浦町老人クラブ
和歌山県校長会
和歌山県老人クラブ連合会
和歌山東高校
美郷町民生児童委員協議会
江川小学校
大阪市肢体不自由者協会
和歌山県JA
湯浅町老人大学
田辺市民生児童委員協議会
和歌山東ロータリークラブ
高城小学校PTA
皇學館高校1年2年
湯川小学校
野上中学校
日高川町身体障害者福祉協議会研修会
教職員組合日高支部
湖北町老人大学
名田小学校
県定時制高校父兄会
宝重寺彼岸講和
紀美野町海南海草教頭会
泉佐野高校
加古川市老人大学OB会
御坊東ロータリークラブ
和歌山市障害者相談員研修
関西電力

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ