金子稚子かねこわかこ
ライフ・ターミナル・ネットワーク代表、終活ジャーナリスト
講師候補に入れるプリントする

登録ジャンル:

プロフィール

雑誌・書籍の編集者や広告制作ディレクターとしての経験を生かし、誰もが必ずいつかは迎える「その時」のために、情報提供と心のサポートを行っている。当事者の話でありながら、単なる体験談にとどまらない終末期から臨終、さらに死後のことまでをも分析的に捉えた冷静な語り口は、各分野の専門家からも高い評価を得て、医療関係や宗教関係などの各学会や研修会でも講師として登壇。さらに、生命保険等の金融関係、葬儀関係、医療・福祉関係、医薬品などの各種団体・企業に対してや、行政、一般向けにも研修や講演活動を行う。また、多死社会を前に、人々の死の捉え直しに力を入れ、真の“終活”、すなわちアクティブ・エンディングを提唱。多岐に渡るさまざまな情報提供とともに、自分で「いきかた(生き方・逝き方)」を決める必要性を訴えている。著書に『アクティブ・エンディング〜大人の「終活」新作法〜』(河出書房新社)など。編集制作・執筆に『親の看取り〜親が倒れてから、介護・療養・終末期のすべて〜』(e-MOOK 宝島社)。
一般社団法人日本医療コーディネーター協会顧問。医療法人社団ユメイン野崎クリニック顧問。
夫は、2012年10月に他界した流通ジャーナリストの金子哲雄。

主な講演テーマ

●死ぬことと、生きることは同じ

夫の闘病とその死に寄り添った経験、加えて多くの死別経験者への取材から見えてきたことをお話します。誰もが「死」は怖いと感じます。それはなぜなのでしょうか。それは「死」がわからないからです。正解も、答えすらありません。しかしながら、一人の人間の死に、家族として深く関わったことから見えてきたことはあります。死にゆく人がどのように変わっていったのか、周囲はどのように支えていたのか。多くの人が亡くなっていく多死社会を前に、「死ぬこと」について、正面から考えます。

●家で死ぬ、ということ〜家での看取りは怖くない〜
今、国は在宅医療、すなわち病院ではなく、家で最期まで過ごす方針を推進しています。しかし、多くの日本人にとって「死」はとても遠いものになってしまいました。病人が家にいて、何かあったらどうしようという不安ももっともです。でも大丈夫です。死についての少しの学びと、専門家との信頼関係をしっかり結ぶことで、死が貴重な機会であることに気づくことができるでしょう。大切な人との死別は、悲しみだけではない、その後の自分の人生において、非常に大切な何かを得られる可能性を秘めています。在宅医療を受けながら、自宅で死ぬ心得と準備について、家族を看取る心得と準備について、経験を交えてお話しします。

●アクティブ・エンディング〜大人の『終活』新作法〜
「『い(生・逝)きかた』は、自分で決める」。
終活とは、死ぬための準備ではありません。それは、人生の幕引きに向けた「生き方」を自分で決めることです。ではどうしたらいいのか、その具体的な内容についてお伝えします。
また、終活とは、自分ひとりで行うものでもありません。自分の「いきかた」で、残される人を力強く支えることもできるでしょう。家族で考える「終活」を提案します。

主な実績

■主な実績
●著書
『アクティブ・エンディング』(河出書房新社 2015年)
「死後のプロデュース」(PHP新書、2013年)
「金子哲雄の妻の生き方 夫を看取った500日」(小学館文庫、2014年)
●これまでの主な出演番組
CX 「ノンストップ」
NTV 「NEWS ZERO」 JFN 「OH! HAPPY MORNING」
LF「垣花正のあなたとハッピー」

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ