福本淳ふくもときよし
盲目のシンガーソングライター
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

ピアノの弾き語りのみならず、バンドでのステージも行い、音楽教室での指導の他、自主企画コンサートやラジオ番組の出演、全国各地での学校・企業自治体・各種団体主催のイベント等で軽快なトークを交えたコンサートを行うなど幅広く活動中。

経歴

京都府舞鶴市生まれ。先天性の視覚障がいのため、幼少期には15回近くに及ぶ手術を試みる。
視力の状態に左右され、普通校と盲学校との間を繰り返し転校し、普通文字と点字を使い分けながら授業を受ける。
11歳でピアノを始め、15歳の時にレッスンの為、京都市内のマンションで自炊を始める。
大阪芸術大学演奏学科声楽コースに入学後、19歳で全盲となる。失明後は心身のリハビリを求めて登山や演奏のボランティア活動を始める。
卒業後、自作の曲を中心としたピアノの弾き語りによる演奏活動を展開。
福本ヒーリングスタジオを開設し、自らの体験をもとに「障がい児(者)向け音楽教室」を実施する他、福祉施設講師として知的障がい者の音楽指導などを行う。
■1998年、FINE NOTESレーベルよりファーストCDアルバム “小さな出逢いから”を発売。近鉄小劇場においてCD発売記念コンサートを行い、新聞・ラジオなどマスコミの注目を浴びる。その後も長居スタジアムにて、セレッソ大阪公式戦のオープニングアクト及びハーフタイムショーへの出演や、シングルCD「風をみたひと」のリリース、出身地でもある舞鶴市総合文化会館やドーンセンター等のホールにてコンサートを行い、好評を博す。
■2006年、東京国際フォーラムで行われた第3回ゴールドコンサートにて『歌唱賞』『作曲賞』の2冠を受賞。
■2008年、アルバム“未来のために”をリリース。
■2010年、セレッソ大阪のホーム試合、長居スタジアムにてアンセム斉唱を行う。
■2011年、ドーンセンター(ホール)にてバンド編成の自主企画コンサートを開催。
■2013年、地元舞鶴の舞鶴市総合文化会館小ホールでバンド編成のコンサートを開催。新聞などから取材を受け注目を浴びる。このコンサート開催日に新作シングルCD“My Feelings”をリリース。
■2016年「ハンディを持つ方々にももっと気軽にコンサートへお越しいただけるように」という想いから運営・構成内容に至るまで企画を練り、福本淳コンサート2016「コラボで広がる世界」を吹田市文化会館メイシアターで開催。ゲストに山下純一氏(Vo/Hca)を迎えるなど、様々なコラボレーションをテーマに実施。生放送ラジオにもゲスト出演する。

主な講演テーマ

目を閉じて、はじめてわかる優しさがある

見えない私が歩んできた人生、音楽や様々な人との出逢い。学校生活でのいじめ、社会へ出て痛感したことに向き合い感じたこと。音楽の力に救われたこと。夢を持ち、挑戦し、努力や継続することで得られたもの。全盲の私の日常生活(結婚、子育て、料理、外出時、音楽指導者としてなど)

講演実績

・長居スタジアム <セレッソ大阪公式戦 オープニング・ハーフタイムショー・アンセム斉唱>
・株式会社わかさ生活 お客様感謝祭イベント出演
・三原市文化会館大ホール <浮城ふれあいコンサート>
・舞鶴市総合文化会館大ホール <福本淳コンサート>
・北海道上ノ国町総合福祉センター <中・高一貫芸術鑑賞>
・万博サマーフェスティバル
・徳島県教育会館 大ホール <障害者の集い県民大会>
・長崎県壱岐文化ホール <ふれあいコンサート>
・滋賀県彦根市文化プラザ <障害者のつどい>
・京都市北文化会館ホール <音楽と映画のつどい>
・ラジオ大阪 <ラジオチャリティーミュージックソン>出演
・ビッグ・アイ <バリアフリーアートアカデミー・サマーフェスタ>
・大阪府障害者芸術・文化オープンカレッジ 音楽コース講師
・名古屋市 <明日への一歩~リハビリテーションがめざすもの~>
・舞鶴文化会館 <つなフェス>/<児童文化のつどい>
・愛知県安城市文化センター <ぼくらを支える仲間たち ―ひとつ“SORA”の下で前へ前へ―>
・第31回 京都・滋賀・奈良地区アイバンクシンポジウム
・全国各地の幼稚園、小中高 <学校公演>
など

■著書(CD

小さな出逢いから(アルバム)
未来のために(アルバム)
風をみたひと(シングル)
My Feelings(シングル)

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ