河内山哲朗こうちやまてつろう
公益財団法人 松下政経塾 塾長
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

「松下幸之助に学んだ経営の要諦(松下幸之助の経営理念と公共経営)」
~松下政経塾第2期の塾生として松下幸之助から直接薫陶を受けた者として~
「公共部門のマネジメントについて( 自治体の経営改革のコツ)」
~当時全国最年少市長として当選した山口県柳井市での4期16年の市長経験を通して~
「日本の社会保障における課題と今後の展望」        
~社会保険診療報酬支払基金の理事長の職から得た知見を通して~ 
実体験に基づき幅広いテーマで講演

経歴

【生年月日】
昭和33(1958)年 6月22日
【学  歴】
昭和 56(1981)年 3 月・早稲田大学法学部卒業
【職  歴】
昭和 56(1981)年 4 月・松下政経塾入塾
平成 5 (1993)年 2 月・柳井市長に初就任(当時全国最年少市長)
平成 7 (1995)年 7 月・青少年問題審議会(総理大臣諮問機関)委員に就任
平成 9 (1997)年 2 月・柳井市長に就任(2 期目)
平成 11(1999)年 5 月・山口県国民健康保険団体連合会理事長に就任
平成 12(2000)年 8 月・全国市長会理事に就任
平成 13(2001)年 2 月・柳井市長に就任(3 期目)
平成 13(2001)年 5 月・山口県市長会会長に就任
平成 14(2002)年 4 月・国民健康保険中央会理事に就任
平成 15(2003)年 11月・全国市長会国民健康保険対策特別委員会委員長に就任
平成 15(2003)年 12月・厚生労働省社会保障審議会委員に就任
平成 17(2005)年 3 月・合併による新「柳井市長」に就任
平成 18(2006)年 6 月・全国市長会副会長に就任
平成 18(2006)年 11月・国民健康保険中央会副会長に就任
平成 18(2006)年 12月・山口県市町村職員共済組合理事長に就任
平成 19(2007)年 1 月・道州制ビジョン懇談会(内閣府)委員に就任
平成 21(2009)年 3 月・柳井市長を退任
平成 21(2009)年 8 月・国民県保険中央会顧問に就任
平成 22(2010)年 12月・社会保険診療報酬支払基金理事長に就任
平成 28(2016)年 4月・公益財団法人松下政経塾塾長に就任

主な講演テーマ

松下幸之助に学んだ経営の要諦(松下幸之助の経営理念と公共経営)

松下政経塾第2期生の塾生として松下幸之助から直接薫陶を受けた現塾長の河内山哲朗が、松下幸之助から学んだ
(1)経営の要諦
(2)リーダーシップ
(3)人材育成

実績

・各都道府県医師会、歯科医師会など医療関係団体
・各都道県国民健康保険団体連合会   
・自治大学校
・全国市町村中央研究所   
・日本記者クラブ
・王立家庭医協会(The Royal College of General Practitioners) (英国)
・安徽師範大学(中国)   
・日中地域間交流推進セミナー(中国、山西省)
・健康保険評価審査院(韓国)  等

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ