渡辺 哲雄わたなべ てつお
講師候補に入れるプリントする

登録ジャンル:

プロフィール

経 歴

1950年 岐阜県郡上八幡で出生
1973年   関西大学社会学部卒業後福祉関係の仕事に従事  
1990年   岐阜県ソーシャルワーカー協会長 (〜2002年)  
1993年   スウェーデンの福祉を視察  
2001年   日本福祉大学中央福祉専門学校専任教員  
2003年   ドミニカ共和国ソーシャルワークセミナー講師  
2003年   NPO東濃成年後見センター理事長就任  
2008年〜   NHK文化センター岐阜教室講師  

主な講演テーマ

『虐待はなぜ起こる 〜早期発見と対処〜 』     @発見を阻む虐待者の権利、個人情報とプライバシーの壁。背景には巨大な虐待の加害者としての社会の存在が・・・虐待を巡る状況を多面的に考えてみませんか?

『事例でわかる成年後見』  
  @いま権利擁護の領域で何が起きているのか?どんな場面で成年後見が必要になるのか、事例と共にやさしく理解します。
 

  『放置国家と成年後見 〜法治国家は放置国家です。放置される権利侵害を救う手立ては〜』  
   
  『よくわかる成年後見制度 〜なぜ必要なの?本人をどうやって守るの?実家の床下に不必要な耐震工事を発見した息子は・・・〜』  
  @先駆的な後見の取り組みで全国的に脚光を浴びた東濃成年後見センターの理事長が、制度の説明を超えて、その本質を語ります。  
  『渡辺哲雄の怖い話 〜祟り、霊、超常現象・・・季節を問わない怪談の数々。しかし本当に怖いのは・・・〜』  
  @体験談から取材話、身の毛もよだつ怖い話の行き着く先は・・・誰一人避けては通れない人生の終末に、ぽっかりと空いた老後の闇が・・・  
  『認知症になった波平Part2〜契約社会と成年後見〜』  
  @判断能力を失った波平を成年後見制度はどう支援するのか。認知症の程度に応じてやさしく解説します。  
  『落語的人間関係の魅力〜風通しのよい暮らしについて考える〜』  
  @「老いの風景」としてたくさんの人間模様を描き続けた作者と共にとっておきの落語を聴いて、登場人物たちが繰り広げる風通しのよい生き方について考えませんか。  
  『人権と差別〜それって差別?区別?』  
  @つきつめるとわからなくなる差別と区別について、人権とは何かというところまでさかのぼって考えてみませんか?  
  『守秘義務とネットワーク〜個人情報の有効な活用のために〜』  
  @個人情報の扱いは慎重でなければなりませんが、有効に活用して支援のネットワークも作らなければなりません。そのバランスについて一緒に考えてみませんか?  
  『感情はエネルギー〜肯定的に生きるために〜〜』  
  @感情は巨大なエネルギーを有し、外に向かえば行動になり、内に向かえば心身を蝕みます。エネルギーを一番穏やかな「言葉」という形で放出する意義と技術を学びます。  
  『東濃成年後見センター誕生秘話〜契約社会と後見〜』  
  @中立なNPO法人に、行政責任として予算措置をすることで、理想的な後見の仕組みを作り上げた東濃成年後見センター誕生にはこんな舞台裏があった。  
『渡辺哲雄の昭和回想録〜よみがえる昭和の暮らし〜』
 
  @懐かしい昭和の暮らしや家族の姿を講演形式で再現します。聞くうちに、失った大切なものを思い出してあなたの生き方が変わります。  
『地域で老いるために〜地域から智域へ〜』
 
  @一人暮らし高齢者の施設入所を巡って、失われた地域の再構築のための方法を具体的に提案します。
 
『演習:面接の技法〜聴く技術』
@小グループで実際に体験した面接過程を分析することによって、たくさんの技法を具体的に体得できます。  
『老いの風景』
@介護する側、される側の心理や老いへの心構え  
『介護保険の功罪』  
@少子高齢化がこの国に迫る構造改革のシナリオ  
『認知症になった波平』  
@サザエさんの波平が痴呆になったら?認知症予防していますか?  
『母の老い支度』   
@健康で長生きして長生きして病まないで死ぬために・・・壮絶な母の老い支度  
『育つこと育てること』  
@子育てとは、育てるのではなく育っているものを保障すること  
『失敗しながら子どもは学ぶ』  
@判断する能力は失敗経験から学ぶもの  
『発達のしくみ』  
@「概念」を作り上げてゆくプロセスを実験で解明する  
『青春とは何だ!』  
@思春期は親離れの時、親離れに合わせて子離れができますか?  
『母と子の物語』  
@夫と別れて母一人。心温まる子育ての物語  
『心の川を流そう』  
@カウンセリングマインドの必要性と技法  
.『豊かさというストレス』  
@豊かさがもつ副作用を鋭く指摘  
『明るい癌告知』  
@病気を明るく迎え撃つ自分自身の癌体験  
『優しい社会、冷たい社会』  
@本当にやさしい社会とはどんな社会なのか?  
『足の無い鳩』  
@可哀想・・・から脱却する福祉のこころ  
『忙中漢話』  
@漢字一文字を題材に繰り広げる人生論  
『男と女・区別と差別』  
@本当の男女共同参画社会とはトイレの表示を改めることだろうか・・・。
人々の心に巣食うジェンダーの起源と不合理に迫る胸のすく本音トーク!  
『もう一つのリスクマネジメント・組織が腐る時 〜自己保身の構造〜 』
 
@組織の構成員が組織目標より組織内部における自己保身を優先させた時・・・リスクは金属疲労のように内側から発生する。内部告発、人材散逸、士気低下を招かないために管理者が気をつけなくてはならないことは?  
『魅力的なスピーチ術〜渡辺哲雄の場合〜』
 
@知性ではなく感情に訴えるスピーチは魅力的です。印象的なスピーチをするためのノウハウを実例を上げながら検証します。  
『職場を支えるコミュニケーション〜あなたは組織の神経細胞〜』
 
@健全な伝達機構の有無は組織という生命体の運命を左右します。職場の神経細胞の一つとして、あなたは何を心がけなければならないか・・・いくつかの実験を通して実感します。  
その他  
@『頭のいい子に育てるために』など多数

実績

1978年 論文『在宅福祉と収容福祉の接点』にて全国老人福祉文献賞受賞
1983年   論文『病める心とともに』にて朝日生命厚生事業団主催数納賞奨励賞受賞  
1986年   童話集『しあわせの汽車ポッポ』出版  
1993年   老いをテーマにした短編小説集『カニューレの詩』『駅』出版  
1994年   中日新聞生活欄に小説『老いの風景」連載開始  
1995年   日総研出版より小説『病巣』出版  
1996年   日総研出版より小説『告知』出版  
1998年   NHKラジオ深夜便こころの時代にて『老いの風景』全国放送  
1999年   中日新聞社より小説『老いの風景』出版  
2001年   中日新聞社より小説『続・老いの風景』出版  
2002年   中日新聞社よりエッセー集「忙中漢話」出版  
2003年   中日新聞社より小説『続々・老いの風景』出版  
2006年   中日新聞社より小説『さよなら老いの風景』出版  

主な著書など

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ