輪島 功一わじま こういち
日本プロボクシング協会東日本協会員
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

世界タイトルを2回、リターンマッチで奪い返した男
輪島功一は”不屈の男”と呼ばれる。

昭和18年4月21日生まれ
北海道士別出身

経歴

・昭和43年1月(24歳9ヶ月)三迫ボクシングジムに入門
・プロデビューから3年後の1971年世界タイトルに初挑戦で王座獲得、[かえ
 る跳びアッパー]で一躍有名に。
・世界タイトル6度の防衛と2度のリクーンマッチでタイトル奪還に成功。
・現在、西荻窪の「輪島功一スポーツジム」の会長でもあり、日本プロボクシ
 ング協会東日本協会員である。

実績

RINGRECORD 38戦31勝(25KO)6敗1分

昭和43年   白岩工業で働きながらボクシングをはじめる

昭和46年10月 Jrミドル級欧界タイトルに挑戦チャンピオンになる6度防衛

昭和49年6月 7度防衛に失敗

昭和50年1月 再びJr.ミドル級世界チャンピオンになる

昭和50年6月 防衛線に失敗

昭和51年2月 三度、Jr.ミドル級世界チャンピオンになる

昭和51年5月 防衛線に失敗

昭和52年6月 四度、Jr.ミドル級世界チャンピオンになる

昭和53年   引退する

平成8年4月 全日本ボクシング協会副会長就任

平成12年3月 日本プロボクシング協会
東日本ボクシング協会長就任

テレビ・講演等にて活躍中
体験談を元にした根性論、社会状勢、その他ユーモアたっぷりにお話します。

主な著書など

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ