三遊亭円丈さんゆうていえんじょう
落語家
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

昭和19年12月10日、名山屋生まれ。
S38年、明治入学演劇科に入学したが、翌39年落語家になるため、めでたく中退。昭和の名人と諮われた三遊亭円生門下に入門し、一番弟子に三遊亭円楽、七番弟子でぬう生となる。
 13年の修行の後、真打に昇進し、三代目二道亭円丈を襲名。新作落語で頭角をあらわし、S56年にはフジTV放送演芸大賞、辰優秀ホープ大賞を受賞。代表作には『グリコ少年』『悲しみは埼玉をこえて』などがある。
 目下、自作の新作落語は300本を超え、その数の多さ、質の高さで文字通り日本一であると自他共に認められている。
 CMも何本かに出演し、キンチョー・マットの「力・力・力・力・カケフさん!」のフレーズは今も印象にあたらしい。
 著作も多く7冊をかぞえ、多くの反響を呼だベストセラー『ご乱心』、元祖名古屋本と言われている『雁道』などがある。まだ’95年暮れには、日本全国三千社の神社の参道狛犬を自分の足で調べた世紀の奇書『ザ狛犬コレクション』が発売され、参道狛犬研究家としても第一人者としての地位を固めつつある。
 また円丈は、パソコン・マニアとしても知られ、本人曰く「日本で唯一人、プログラムの組める芸人!」なのだそうだ。いら早くパソコン落語をやり、S59年には、アスキー・ソフトウェア特別賞を受賞し、RPGゲーム・サバッシュI・Ⅱのゲームライターでもある。’95年暮れには、アスキー出版より笑いながら学習できる『落話でおぼえるウィンドウズ95』のビデオが発売された。現在ウィンドウズ開発言語Visua1.C十十に挑戦中、インターネットでハチャメチャなアプリケーションが見られる日もそう遠くなさそうである。

主な著書など

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ