姜 尚中カン サンジュン
政治学者・東京大学大学院情報学環 教授・東京大学現代韓国研究センター センター長
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

1950年8月12日生まれ
日本の政治学者
日本名は永野 鉄男(ながの てつお)
熊本市出身

最近の趣味は登山・ドライブ・絵画

経歴

熊本県立済々黌高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業、早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。西ドイツ・エアランゲン大学留学(1979年 - 1981年)後、明治学院大学講師、国際基督教大学準教授を経て、東京大学教授(所属:社会情報研究所 情報行動部門)。現在、東京大学情報学環教授。専攻は政治学・政治思想史。研究分野はアジア地域主義論・日本の帝国主義を対象としたポストコロニアル理論。

実績

【著書】
『マックス・ウェーバーと近代 合理化論のプロブレマティーク』(1986年、御茶の水書房→2003年、岩波現代文庫)
『アジアから読む日本国憲法』(1993年、かもがわ出版)
『アジアから日本を問う』(1994年、岩波ブックレット)
『ふたつの戦後と日本-アジアから問う戦後50年』(1995年、三一書房)
『オリエンタリズムの彼方へ―近代文化批判』(1996年、岩波書店→2004年、岩波現代文庫)
『ナショナリズム』(2001年、岩波書店)
『東北アジア共同の家をめざして』(2001年、平凡社)
『暮らしから考える政治-女性・戦争・食』(2002年、岩波ブックレット)
『日朝関係の克服-なぜ国交正常化交渉が必要なのか』(2003年、集英社新書)
『反ナショナリズム-帝国の妄想と国家の暴力に抗して』(2003年、教育史料出版会→2005年、講談社+α文庫)
『在日』(2004年、講談社)
『在日 ふたつの「祖国」への思い』(2005年、講談社+α新書)
『姜尚中の政治学入門』(2006年、集英社新書)
『愛国の作法』(2006年、朝日新書)
『ニッポン・サバイバル』(2007年、集英社新書)
『悩む力』(2008年、集英社新書)
『母 -オモニ- 』(2010年、集英社)

主な著書など

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ