金平 桂一郎かねひら けいいちろう
協栄ボクシングジム 会長
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

1965年  770グラムの超未熟児で生まれる。趣味は読書で、あらゆる分野の書物を読み、毎日1冊は読んでいる。
1984年  明治大学付属中野高等学校卒業。当時高校時代の教師からは、ボクシングより、物書きになるように薦められる。実は文系人間
1990年  当時ロシアのボクサー「後に世界チャンピオンになったユーリ アルバチャコフ等」が、在籍していたために、ロシア レスガフト記念体育大学に留学。辞書も持たずに行き、苦労を経験する。
1991年  ロシア崩壊を現地で目の当たりにした。以来国際情勢を見つめる
1999年  先代の金平正紀の死去に伴い、2代目に就任、
☆先代が手がけたチャンピオン「海老原博幸、西城正三、上原康恒、具志堅用高、渡嘉敷勝男、鬼塚勝也、ユーリ、ナザロフ」以後、2代目就任あとは佐藤修、亀田興毅、坂田健文、佐藤洋太の4人の世界チャンピオンを輩出。
亀田の時に、危機管理能力を評価されプレジデントなど、多数のビジネス誌から取材をうける。

経歴

1965年 東京都渋谷区に生まれる
1984年 明治大学付属中野高等学校卒業
1990年 レスガフト記念体育大学(現ロシア サンクトぺテルグルク)留学
1999年 先代の死去に伴い、協栄ボクシングジム会長に就任

主な講演テーマ

スポーツエンターテイメント論一般

① スポーツエンターテイメント論一般
1959年に協栄ジム設立後、先代 正紀が日本最多世界チャンピオンを8名(海老原博幸、西正三、具志堅用高、上原康恒、渡嘉敷勝男、鬼塚勝也、ユーリ、ナザロフ、)輩出。
1999年に2代目に就任してから4名の世界チャンピオン(佐藤修、亀田興毅、坂田健史、佐藤洋太、)を輩出した。 その中で培ってきたノウハウを活かしたスポーツ論。
② 人材育成法
4人の世界チャンピオンを育てた実践エピソード等
③ 後継者(二代目)論
先代 正紀が8人の世界チャンピオンを輩出。その後を継いで13年。 後継者として引き継ぐ者。その後に訪れる新しい後継者に譲る立場としての話。 後継者とは何か・・・
④政治・経済・一般 ロシア留学を通した「政治論」とスポーツビジネスとしての「経済論」など。
⑤ロシアをはじめとする国際情勢
1990年ロシア留学中、1991年のロシア崩壊を目の当たりにした。以後、国際情勢を見つめるよ うになる。その後はボクシングを通して世界交流を続けている。

主な著書など

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ