朝倉 匠子あさくら しょうこ
エイジングスペシャリスト
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

プロフィール
広島県生まれ。私立四谷雙葉学園を経て、青山学院大学英米文学部卒業。
学生時代より人気コマーシャルモデルとして活躍。1982年、日本テレビ「11PM」で愛川欽也担当「水曜イレブン」のアシスタントに抜擢される。
結婚、出産のため10年間メディア活動を中止するが、その間にカリフォルニア大学で「NPOマネージメント」及び「ジェロントロジー(加齢学)」を学ぶ。

「ジェロントロジー」をもとに、アメリカと日本を往復する生活の中から「アクティブ・エイジング」=能動的、精力的、美的加齢法を提唱し、医療や心理学、
社会学など最先端の情報を勉強しながら、メディアや講演会などで多くの男性、女性とともに年齢を積み重ねることの楽しさと自信を育てる活動を行う。
また国際的NPO法人「子供地球基金」の理事を1988年設立以来2003年まで務めた。2002年には社会に貢献する女性として緒形貞子、黒柳徹子、吉永小百合氏らと共にスイス オメガ社より「オメガ賞」受賞。
2002~2004年、母校青山学院大学経営学部の非常勤講師を当時の横浜市長中田宏氏らと共に務める。
2008年3月創刊女性誌「HERS」のキャンペーンキャラクターに選ばれる。
只今、集英社の大人の女性雑誌「Our Age」のネットコラムを好評連載中。

講演テーマ
【アクティブ・エイジング】
同じだけ年齢を重ねているのに「素敵な人」いますよね?きっとその方は、毎日生き生きと充実して過ごしている方ではないでしょうか?本講演では見た目をきれいする「美的加齢法」は勿論、「能動的」、「精神的」の3つをベースに医療や心理学、社会学など最先端情報を取り入れた
若さと美しさを育てる「アクティブ・エイジング」についてお話いたします。
【35歳からのキレイ革命】                              
女性の社会進出が久しい昨今。「仕事を続けたいから結婚はまだ考えられない」、
「キャリアを積みたいから出産はまだ難しい」など仕事を重視するあまり、働く女性の結婚・出産年齢があがっています。人生はバランスが大事。本講演では働きながら、私生活も充実させる「ワークライフバランス」について、自身の体験をもとにお話いたします。        
【できる男の活力マネジメント】
「最近、元気がでない…」、「もっと活き活きと働きたい!」という
働く中年男性にオススメ!一般にはあまり知られていない「男性医学」をベースに、
多くの中年男性の悩みである「メタボリック」、「薄毛」、「ED」の原因と対策について
科学的根拠をもとに分かり易く解説します!
「きちっとした知識を持ち、適したケアを行うことでいつまでも若々しく仕事ができる!」
そんな「男の活力」が上がる内容です。

実績

経団連、松下政経塾、日立製作所、みずほ銀行、
三菱東京UFJ銀行、商工中金、朝日新聞、繊研新聞、資生堂、カネボウ、
アムエイ、ミキプルーン、名古屋泌尿器医学会、日本抗加齢医学会、
大正製薬、大塚製薬、東急ホーム、昭和シェル石油、ニッセン、
広島私立幼稚園の会、東京塗装組合、ロータリクラブ、読売新聞、花王
、集英社、中央大学、中央競馬会、ゼスプリインターナショナルジャパン、その他多数

著書

『35歳からのダイエット革命』 (ディスカバー21) 韓国でも出版決定。
『できる男の活力マネジメント』 (ディスカバー21 刊) 5版増刷セブンイレブンにて販売中
『愛され美肌』 (講談社 刊)
『自分力の鍛え方』(ソーテック社)
『35歳からの美人道』 (文藝春秋社)
『「男」再生プログラム』 (新潮社)

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ