髙木 雄次たかぎ ゆうじ
笹川平和財団 理事長
講師候補に入れるプリントする

登録ジャンル:

プロフィール

1973年一橋大学卒、三井物産に在職35年、エネルギー部門を歩み、ビジネスの最前線で活躍、その間、米国に14年、中東に4年、通算で18年の 海外勤務など多彩な経験を持つ。三井物産ではワシントン事務所長、中東地域代表等を歴任し、世界を舞台にした実業を基軸にエネルギー政策、環境ビジネスと米国、中東を含む世界の政治経済情勢に精通する。笹川平和財団では、国際社会が抱えるグローバルな課題を創造的に解決することを目指し多様な国際交流事業を展開。2011年より現職。

経歴

【学歴】
1973年一橋大学卒業、1975年テヘラン大学留学、1988年米国ハーバード・ビジネススクールPMD修了
【職歴】
1973年 三井物産入社。 エネルギー部門配属、国内外でエネルギー業務に24年、その後は全社的業務・経営
1994年 米国三井物産ニューヨーク本店エネルギー部長。 米国オイルメジャー、資源開発、北南米対応
1997年 三井物産ワシントンDC事務所長。 世界経済、日米関係、ロシア・中国・中東関連の情報発信
2001年 三井物産本社広報部長。 報道メディア・機関投資家IR・企業の社会的責任CSR管掌
2004年 中東三井物産社長。 ドバイを拠点に中東全域にわたるビジネス・事業・経営統括管掌
2005年 三井物産理事就任
2006年 三井物産北海道支社長。 「明日の北海道を考える会」座長、地域統括管掌
2008年 三井物産理事退任。 財団法人日本エネルギー経済研究所 研究主幹
2011年 現職

主な講演テーマ

エネルギーを取り巻く世界情勢と日本の展望、 世界の視点からみた日本の潜在力

これからのエネルギーと環境ビジネス
エネルギーと環境の成長戦略
エネルギーと環境の地域再生戦略
エネルギーと環境:日本の課題と将来
エネルギーを取り巻く世界情勢と日本の展望
米国のシェール革命と日本の再生可能エネルギー
再生可能エネルギーの時代は来るか
世界の視点でみた日本: 潜在力と将来展望
【講演骨子】
エネルギー情勢がグローバルで構造的な変化を遂げる中で、日本の将来指針を明示する。
米国のシェールガス革命がもたらす影響、地球温暖化に伴う北極圏での資源開発、技術革新による海洋資源の開発期待、米国発のグリーンニューディールの世界的な展開、中国の資源獲得戦略、福島原発事故に伴う原子力発電の将来などを中心に、更に、再生可能エネルギーの時代は来るか、これからの環境ビジネスはどう展開していくかなどの視点も交え、多角的な目線にたって、日本の将来展望を具体的に提言する。資源に乏しい日本は国家戦略としてのエネルギー問題を、いかに解決すべきかという観点に加えて、日本が得意とする技術力を梃としたエネルギーと環境に関わる新しい成長戦略を地域再生と活性化の切り口から分かり易く講演する。21世紀の日本の成長産業分野を日米のエネルギーコスト格差と日本のノウハウ、需給ギャップの観点から「環境」、「健康」「観光」、「科学技術」の4K戦略として、将来ヴィジョンを提示する。海外の視点からみた日本と日本人の特性、優位について18年間の海外勤務を通じた経験談をもとに披露し将来展望に潜む日本の底力を解き明かす。

実績

講演実績
「エネルギーを取り巻く世界情勢」 (時事トップセミナー 於ニューヨーク 2014.5.9)
「エネルギーと環境の成長戦略」 (内外情勢調査会 東大阪支部 2013.2)
「これからのエネルギーと環境ビジネス展望」 (内外情勢調査会 札幌支部  2012.10)
「Potential Arctic Oil & Gas Development 」 (North Pacific Arctic Conference 2012.8)
「再生可能エネルギーの時代は来るか」 (時事トップセミナー 於ニューヨーク 2011.9)
「エネルギーの世界的再編と日本の対応」 (早稲田大学 日米研究機構 2011.7)
「震災後のエネルギー問題」 (地方行財政調査会・東京本部  2011.6)
「環境問題とエネルギー政策」 (時事トップセミナー 於シンガポール 2010.9)
「中東ビジネスの潮流変化: インフラ輸出からソフト産業まで」 (中東情勢報告会 2010.7)
「Role of Technology: Resolution of Energy & Environmental Issues」 (Energy Charter 2010.7)
「世界経済のパラダイムシフト」 (経済産業省 通商白書作成の勉強会講演  2010.3)
「グリーンニューディールと世界のエネルギー情勢」 (内外情勢調査会 商品先物支部 2010.3)
「環境問題と地域経済」 (環境とエネルギーを考える懇談会 2010.2)
「Regional Framework for Energy Efficiency」(Japan-SAARC Energy Symposium, Delhi India 2010.1)
「グリーンニューディールで地域再生」 (しんきん経営大学公開講座 講演 2009.11)
「エネルギーと環境政策から見た観光ビジネス」 (トラベル懇話会 夏期セミナー講演 2009.7)
「気候変動とエネルギー安全保障」 (電力中央研究所 講演 2009.7)
「オバマ政権とグリーンニューディール」 (内外情勢調査会 長崎支部 2009.6)
「オバマ政権で戦略性を強める中東: 米国とGCCのビジネス関係」 (中東情勢報告会 2009.6)
「Climate Change and Energy Security」 (早稲田大学 日米研究機構 国際シンポジウム 2009.6)
「オバマ政権と中東・エネルギー」 (ニューヨーク日本商工会議所 特別講演 2009.2)
「米国オバマ政権とエネルギー問題」 (早稲田大学 日米研究機構 2008.12)
「中東ビジネスの変化と将来性」 (中小企業基盤整備機構 国際セミナー 2008.11)
「米大統領選: 中東エネルギーの視点」 (内外情勢調査会 銀座支部 2008.11)
「ドバイの急成長: 中東とエネルギー問題を考える」 (読売新聞 調査研究本部 2008.9)
「Global Energy Trend」 (Japan-SAARC Energy Symposium, Islamabad 2008.6)
「中東における民間ビジネスの現状と今後」 (経済産業省 中東研究会 2006.12)
「中東のビジネス環境とビジネス・オポチュニティ」 (中東協力センター 2006.10)
「Promoting Investments」 (MENA-OCED Investment Ministerial Meeting, Dead Sea Jordan 2006.2)
「エネルギーの潮流変化: 中東の地政学」 (ドバイ・大阪経済パートナーシップ・フォラム 2005.12)
「Asia-Middle East Dialogue: Common Interests and Challenges」 (Singapore Government 2005.6)
「ワシントンで見た米国: その実態と底力」 (如水会定例晩餐会 2001.10) 
論文・著作
「中東ビジネスの新たな可能性」 (日本アラブ協会 2010.12)
「米国のエネルギー政策: 低炭素革命と資源のパラダイムシフト」(石油学会 ペトロテック 2010.7)
「米国オバマ政権の中東戦略と日本の対応」 (石油天然ガス金属鉱物資源機構 2010.7)
「気候変動とエネルギー安全保障: オバマ政権の歴史的挑戦」 (東洋経済新報社 2010.3)
「オバマ政権のグリーンニューディール」 (海外投融資 特別講座2009.7)
「Climate Change and Energy Security: Obama’s Historic Challenge」 (早稲田日米研究機構2009.6)
「中東外交とエネルギー政策が変わる: オバマ大統領の挑戦」 (日本アラブ協会 2009.3)
「米国と中東: 関与と相互依存の地政学」 (中東研究センター動向分析 巻頭論文 2008.10)
「地域資源を活かして環境立国を目指せ」 (日本貿易会 洞爺湖サミット特集 2008.6)
「石油安定供給と環境配慮に取り組む中東」 (時事通信 世界週報 2006.5)
「ワシントンで見た米国  危機に強い国、自由への挑戦」 (投資経済 2002.1)
「米大統領戦後の21世紀の展望  世界の変化、米国と日本」 (時事通信 世界週報 2001.1)
「世界の経済構造を変え、21世紀も覇権国・米国の抱える課題」 (毎日新聞 エコノミスト2000.11)
新聞コラム掲載
読売新聞 経済コラム「風向計」 (2007年5月から2008年3月まで、毎月11回掲載)
委員会
日本学術振興会 平成20、22年度「世界を対象としたニーズ対応型地域研究推進事業」評価委員
中小企業基盤整備機構 平成20年度「中小企業育成支援に関する調査」委員会委員
石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC) 平成21、22年度 中東委員会委員

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ