麻生川静男あそがわしずお
リベラルアーツ研究家、博士(工学)、元京都大学准教授
講師候補に入れるプリントする

登録ジャンル:

プロフィール

リベラルアーツというのは、かび臭いものでも、趣味的なものでもありません。私たちの生活を支えている文化をいろいろな角度から探ることで、日本だけでなく、世界各国のものの考え方の本質をつかむことです。
私は学生時代に海外に出て、日本の考え方とは根本的に異なる思考をする文化圏があることを肌身に感じてから、各国の文化の根本的なもの、つまり文化のコア、を突き止めるべく、40年にもわたって「限りなき知の探訪」(リベラルアーツの研究)を続けてきました。
皆様がリベラルアーツ的な考え方を身に着けることで、グローバル環境で臆することなく堂々と人生をそして世界を自分の言葉で語れるようになって頂きたいと願っています。

経歴

1955年、大阪府生まれ。リベラルアーツ研究家、博士(工学)。
京都大学工学部卒業、同大学大学院工学研究科修了
カーネギーメロン大学工学研究科修了、徳島大学工学研究科後期博士課程修了

197年、京都大学大学院在学中、サンケイスカラシップ奨学生としてドイツ・ミュンヘン工科大学に留学。留学中のカルチャーショック経験からライフワークとしてリベラルアーツに邁進することを秘かに決意。

1980年、住友重機械工業入社。在職中、アメリカ・カーネギーメロン大学工学研究科に留学。同大学工学研究科修了。帰国後、ソフトウェア開発に従事したあと、社内ベンチャーを起こし、データマイニング事業を成功させる。

2000年に独立し、数社のITベンチャーの顧問を兼任。その後、カーネギーメロン大学日本校のプログラムディレクター兼教授、京都大学産官学連携本部の准教授などを歴任。

京都大学在任中は「国際人のグローバル・リテラシー」や海外からの留学生に対して「日本の情報文化と社会」「日本の工芸技術と社会」など日英の両言語でリベラルアーツの授業を行なった。

現在は、リベラルアーツ研究家として、日英の両言語でリベラルアーツやグローバルリテラシーに関する講演や企業研修を行なう。また、2010年に「リベラルアーツ教育によるグローバルリーダー育成フォーラム」を設立し、運営している。

主な講演テーマ

社会人のリベラルアーツ

グローバル社会に生きるビジネスパーソンが修得しておくべきリベラルアーツ(グローバルリテラシー)について述べる。それというのも、世界各国の文化は見た目以上に、根本的な考え方について大きく異なるからである。本公演では、宗教、哲学、歴史、政治のような概念的なものだけでなく、生活史や科学・技術、美術・工芸などの手触り感のあるものから世界の各文化圏の文化のコア(中心軸)をつかむ。

実績

日欧産業協力センター、日立製作所グループ(日立総合経営研修所)
BBT(ビジネス・ブレークスルー大学)、グロービス社(Globis)、花王、など
京都大学、関西大学、同志社大学、奈良女子大学
著者:
『本物の知性を磨く 社会人のリベラルアーツ』(祥伝社)
『本当に残酷な中国史 大著「資治通鑑」を読み解く』(角川SSC新書)

主な著書など

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ