樋口強ひぐちつよし
いのちの落語家・作家
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

『笑いは最高の抗がん剤』、『生きてるだけで金メダル』
これが、樋口強が生きることに立ち止まった人たちに伝えたいメッセージです。
そして、『輝いて生きる三つの知恵』を講演と落語で笑いに載せて話します。

  生きるはずのないがんを乗り越えてきた樋口強の一言一言には強い説得力があります。
  会場が感動の笑いと涙に包まれて、生きる希望と勇気が湧いてくる。
  そんな笑顔で溢れた講演会を企画しませんか。

  樋口強の「いのちの落語講演」は、講演と形式美を備えた本格落語のセットです。
  過去500回を越える講演実績があります。
 
そしてアンケートで一番多いフレーズは
「来てよかった、本当に来てよかった」 
「これまでの講演の中で一番感動した」
「久しぶりに思いっきり笑いました」
  
  泣いて笑って元気が出る講演です。
  どんなジャンルの講演会でも、主催者様の必要なキーワードを織り込んで
カスタマイズします。

経歴

企業人として東レ㈱で活躍していた43歳の時、悪性度の高い肺がんに出会う。
手術と抗がん剤で乗り越えたが、全身のしびれという治療の大きな後遺症が今でも残る。
2001年から毎年がんの仲間と家族を招待して「いのちの落語独演会」を開催している。
執筆の傍ら、いのちの大切さや生きる希望と勇気をテーマに「いのちの落語講演」を
全国で開催する。
2011年には、社会に感動を与えた市民に贈られる「シチズン・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。
1952年生まれ。

主な講演テーマ

「笑いは最高の抗がん剤」

「生きてるだけで金メダル」
「最近、あなた笑えてますか」
「輝いて生きる3つの知恵」
「自分の生き方は自分が決める」 など。 主催者様のご要望やキーワードに応じて講演テーマをカスタマイズします

講演実績

○行政機関
・県教職員研修会特別講演(愛知・滋賀など)
・人権啓発講演会(三浦市・大和市など多数の自治体)
・旭川市PTA研究大会記念講演
・社会福祉協議会総会記念講演(鹿児島県・香南市など多数)
・東京青年会議所記念講演  など多岐多数

○医療機関
・国立がんセンター中央病院講演
・東大病院がん公開講座
・がん研有明病院80周年記念講演
・長崎大学病院がん公開講座
・国立大阪医療センターがん公開講演
・愛知がんセンター50周年記念講演
・熊谷薬剤師会「薬と健康フェア」講演会
・AKIBA Cancer Forum  など多岐多数

著書等

○津波もがんも笑いで越えて ― いのちの落語家が追った3.11 (東京新聞刊)
○いのちの落語 (文藝春秋社刊)
○最近、あなた笑えてますか (日本経済新聞社刊)
○生きてるだけで金メダル (春陽堂書店刊)
○つかむ勇気 手放す勇気 (春陽堂書店刊)
○掴みとるいのち (春陽堂書店刊)
○今だからこそ、良寛 (考古堂書店刊)
○笑いの海に飛び込めば、生きる手掛かりがみつかる (KKロングセラーズ刊)
○DVD 落語良寛ものがたり (考古堂書店刊)

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ