日月(福井)真紀子たちもり(ふくい) まきこ
(株)ハーモニーレジデンス 代表取締役社長/(株)紀元 代表取締役社長/在日米国商工会議所 ウィメン・イン・ビジネス委員会 副委員長
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

幼少時期を米国N.Y.で過ごし、豪州、仏などでも学生時代を過ごす。91年、横浜国立大学経済学部卒。同年、野村証券株式会社(総合職)入社。その後、法律事務所(米国NY州)勤務、米国系外国法事務弁護士事務所(東京)勤務を経て、07年、株式会社ハーモニーレジデンス設立、代表取締役社長就任。今までに、国内企業や在日外資系企業、合わせて300社以上に、意識・モチベーションの高い優秀なシングルマザーや女性管理職人財を紹介。企業の業績拡大に貢献する。また、「女性登用ロールモデル戦略」と「次世代の新しい女性リーダーの育成事業」を展開。15年、株式会社紀元設立、代表取締役社長就任。キャリア女性と経営幹部が直接交流できる会員制オンラインサービスKigenW(キゲンダブリュー)を開始。また、在日米国商工会議所ウィメン・イン・ビジネス委員会の副委員長として、白書「いまだ手付かずの潜在能力」の作成に取り組み、政策提言活動も積極的に行う。

主な講演テーマ

女性管理職人財のロールモデル戦略で、キャリアと家庭を誰もが両立できる社会に

家庭とキャリアの両立ができている女性を日本に増やすには、他の女性が「ああなりたい!」と思うような、家庭とキャリアを実際に両立させている優秀なロールモデル女性を増やす必要がある。そして、そのようなロールモデルが潜在的に多いのが、女性管理職シングルマザーだ。企業側も、シングルマザーの女性ロールモデルを雇用すれば、能力だけでなく強い忍耐力や人間力を併せ持った女性人財を雇用できる。このような仕事ができる「素敵な先輩女性(=ロールモデル女性)」が社内で活躍すれば、他の若い女性社員の定着率も改善し、女性社員率だけではなく女性管理職比率も上がる。そして、イノベーションも起こり、業績も向上する。また、女性の積極的登用をしていると、企業のPRにもつながる。このビジネスモデルを実践し、実際の企業パフォーマンス向上につなげてきた、(株)ハーモニーレジデンス代表の日月が、直接「ロールモデル戦略」についてお話しします。

講演実績等

沖縄タイムス社(沖縄政経懇話会21)、東京新都心ロータリークラブ、スウェーデン大使館、東京工業大学、横浜国立大学、日本女子大学、小山市(栃木県)女性団体連絡協議会、NPO法人等    (講演テーマ例:「女性活躍推進の速度と経済発展」、「シングルマザー、優秀な女性管理職を登用するメリット」、「優秀なシングルマザーが、女性管理職のロールモデルになり、日本は変わる。」、「経済活性化は、女性の活用で解決する」、「優秀な女性がいれば会社は伸びる。ロールモデル戦略とは」、「Creating Your Own Future」)
受賞履歴
2009年 東京都杉並区 子育て優良事業者賞 優良賞受賞
2013年 経済産業省 ダイバーシティ100選 促進事業表彰
2013年 内閣府 女性のチャレンジ賞 特別部門賞受賞
2014年 経済産業省 がんばる中小企業 小規模事業者300社受賞

国際会議出席歴
2015年 トルコW20国際会議出席(G20から派生したWomen20の第1回の国際会議)
2016年 エジプト国連ウーマン“Forum on Inclusive Growth & Empowerment”にパネリストとして出席
メディア掲載実績
NHK、日本経済新聞、朝日新聞、フジ産経新聞、プレジデント誌、ウォール・ストリート・ジャーナル、
ジャパンタイムズ、USAトゥデイ、BBCその他多数掲載。

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ