藤堂将行とうどうまさゆき
一般社団法人日本導体協会 代表理事 導体師
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

元高校教師・野球部監督。競技アスリートを指導する中で、武道の身体技法から従来の整体などの技法と異なる手技を開発。導体メソッドは、吉備国際大学で臨床・研究しており、リラクゼーションでありながらエビデンスを有している手技である。現在、全国に70人を超えるインストラクターを輩出し、理学療法士、作業療法士など医療従事者や柔道整復師などの施術家を指導する傍ら、全国で体験会やセミナーを開催している。セミナーでは頭で理論を学び、その場で体感できる、今までのセミナーにないスタイルで体感型セミナーという新しいセミナーのカタチを実践している。

主な講演テーマ

鍛えるからゆるめるへ!!健康の新提案!!

 「鍛える」から「ゆるめる」へ従来の健康の概念を覆す新メソッド。それが導体メソッドです。誰でも簡単に身体をゆるめて、赤ちゃんのようなしなやかで健康的な身体を実現します。短時間で場所を選ばずすぐにマスターできる。揉まない・引っ張らない常識破りの導体メソッド。これからの在宅支援の決定版。聞いて体感して納得の健康講座です。

実績

滋賀学園高等学校陸上部/山陽高校野球部/鳥取県内公民館など

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ