松井 久子まつい ひさこ
ライター・プロデューサー・映画監督
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

「生きることは出会うこと」と銘打ち、ライター時代から映画監督になるまでの、数々の出会いのエピソードを赤裸々に綴り話題を呼ぶ。現在は各地での講演会・上映会に呼ばれる傍ら、映画第3作にむけた製作準備を進めている

経歴

1946年東京出身。早稲田大学第一文学部演劇科卒業後、雑誌の編集者およびライターとして活躍。1979年、俳優のプロダクション会社を設立し、複数の俳優のマネージャーを務める。1985年に株式会社エッセン・コミュニケーションズを設立し、数多くのテレビドラマやドキュメンタリー番組のプロデューサーとして活躍。

実績

1998年、企画から公開まで5年の歳月をかけて製作した『ユキエ』で映画監督デビュー。多くの映画賞を受賞し、演出力が絶賛された。2002年には待望の監督第2作『折り梅』が公開。全国で上映会が続き、2004年春にはついに観客動員が100万人を超えた。2004年12月には、初めての著作となる、「ターニングポイント〜『折り梅』100万人をつむいだ出会い」(講談社)を発表。

主な著書など

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ