イーデス・ハンソンイーデス・ハンソン
タレント
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

  インド北部のマスーリ生まれ、9歳まで育つ。1960年来日し、タレント活動を開始する。
 ユニークな大阪弁と舌鋒鋭い論評で、テレビ・ラジオ・雑誌対談などで人気を得る。
 その後は、1986年から1999年まで13年間にわたり、世界的な人権擁護団体「アムネスティ・インターナショナル」日本支部長を務め、支部長を退任した後は特別顧問として精力的な活動を続ける一方、1987年からは念願であった「田舎暮らし」を、2004年に世界遺産登録された「熊野古道」の通う和歌山県中辺路(なかへち)町(現・田辺市中辺路町)で開始。
 2004年から2014年まで「特定非営利活動(NPO)法人エファジャパン(Efa Japan)」理事長として、ベトナム・ラオス・カンボジアの3ヶ国で「アジア子どもの家」を展開し子供達への教育支援活動を実施。現在も顧問として活動を続けている。
 和歌山県文化功労賞(2002年度)、京都府亀岡市生涯学習ゆう・あい賞「千登三子賞」(2008年度)を受賞。
2010年度から2013年度まで、近畿大学総合社会学部の客員教授を務める。

主な講演テーマ

●地球に優しい暮らし方

環境問題が大きくクローズアップされている現在、私達が背負う役割とは何か。
 ハンソンの和歌山での暮らしを例にとり、緑・水・ゴミ・自然等に対する、「地球に優しい暮らし方」を提案いたします。便利さに紛れて忘れてしまっている、日頃のちょっとした気配りを大切にすることで「地球に優しい暮らし方」は可能なのです。

●違いがあってこそ…
 日本の国際化が叫ばれる昨今、真の“国際化”に必要なことは何なのか。
 「みんなと同じだと安心」、だけど安心することが人生の一番の目的でしょうか。
 ほかのもの全部を犠牲にしてまで得る安心感は、本当の安心感ではない。仮にそう思う人も、そうでない人を認め、選択する自由があっていい。自分がいじめられてないからいい、ではなく、逆の立場になったらどうなんだろう、と考える。「想像力」を働かせて違いを認め、評価し合うことが人権の意識なのです。

●その他の講演テーマ
☆つぶしのきく人間になろう —高齢化社会・ライフスタイル—
☆ゆとりある生活 —ライフスタイル・趣味—
☆新しい女性の生き方—女性・ライフスタイル—

■主な活動

●連載
共同通信社配信 「現論」(2ヶ月に1回・各主要地方紙)
毎日新聞社    「ハンソンさんの熊野四方山(よもやま)ばなし」(和歌山県版 2012年~2014年)
●最近の出演
NHK 朝の連続テレビ小説「芋たこなんきん」
NHK 「夢の旅 にっぽん絶景百選」
テレビ朝日「徹子の部屋」
NHKラジオ 「深夜宅急便」
文化放送 「吉田照美ソコダイジナトコ」 『脇役物語』(監督:緒方篤)2010年公開
『おばちゃんチップス』
 (監督:田中誠、主演:船越英一郎)2007年
『寝ずの番』 (原作:中島らも、監督:マキノ雅彦)2006年
『ぷりてぃ・ウーマン』(監督:渡邊孝好)2002年

主な著書など

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ