加賀美 幸子かがみ さちこ
千葉女性センター館長
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

アナウンサー歴37年.ぬくおりのある語り口は、お茶の間の視聴者を温かい気持ちにさ
せた。
仕事に厳しく生きてきたからこそ、家庭生活でも手を抜いたことはない。大学教授の夫と
は昔からずっと友達感覚で、自然に向き合える仲。仕事も家庭も人に頼んだことはありません。どちらも必死。努力しないと、しなかったことに疲れてしまう。主人と旅行などは、あまりしませんね。だって、娘(医科学の大学院生)も含め、移動しなくてもいつでも家族は家族ですから」と語る。

館長に就任した千葉市女性センターは、財団法人千葉市文化振興財団の運営。
男女共同参画社会実現のための拠点施設という位置づけで、NHKで培った豊富な体験を生かして同館の運営全般にアドバイスする役回り。
引き受けた理由についてはF宝のような出会いがたくさんあったので、今度は訪れてくれる方々との出会いの中でお役に立ちたいと思いました。男女問わず、人間としてイキイキ
できる駆け込み寺みたいになればいいなあと思っています」と意欲をみせる.
非常勤で週2回ほど出勤。

経歴

昭和15年 6月24目、東京都生まれ。
立教大学文学部英文科を卒業後、
昭和38年 NHK入局。
夜7時のニュースをけじめバラエティー番組「テレビファソラシド
大河ドラマ「峠の群像」「日曜美術館」|小さな旅」生活ほっとモーニング」など報道、バラエティー、教育など多岐にわたり活躍。
女性として初めて理事待遇に昇進し、NHKにおける女性陣の進出の象徴となった。
平成9年 「ラジオ深夜便」「NHKアーカイブス」や古典の朗読などを担当し、
視聴者を魅了している。

現 在 NHKを定年退職後、千葉女性センター館長に就任。

主な著書など

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ