加藤 久かとう ひさし
京都サンガFC監督
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

1956年4月24日宮城県生まれ。小学校よりサッカーを始め、中学3年時、県中総体優勝、その後県下一の進学校、県立仙台第二高等学校に進学、当時無名だった同校を全国大会に導く。早稲田大学教育学部体育学科へ入学し、関東大学り一グ優勝2回、全国大学選手権優勝1回、関東大学リ一グベストイレブン3回と輝かしい実績を挙げ、早稲田大学3年時、日本代表(A代表)に選ばれる。以後11年間日本代表。
 早稲田大学卒業後、筑波大学大学院でスポーツ心理学を専攻しつつ、1980年読売クラブヘ入団。大学とサッカーの“二足わらじ”を続け、1991年には早稲田大学人間科学部助教授となる。               
 日本リーグで活躍し、1984年から87年まで日本代表の主将を務め、オリンピック、ワールドカッブ出場へあと一歩というところまで行きながら夢は実現せず、もう―つの夢であったJリーグ開幕をヴェルディ川崎のディフェンダーとして迎える。
 その後、清水エスパルスヘ移籍し、翌年の第2ステージからヴェルディ川崎へ再移籍、1994年Jリーグチャンピオンシップ制覇の偉業を達成、その試合を最後に現役を引退。
 その後、日本サッカー協会強化委員長および早稲田大学人間科学部助教授。その他、TV、ラジオ出演、講演会、サッカー教室、執筆活動など、多方面に渡って活躍中

主な連載

報知新聞「加藤久の直伝レッスン」(毎週木金土)
日刊スポーツ「加藤久の執筆コラム」(毎週火)
BART(集英社)「すべてのことはサッカーから学んだ」

主な著書など

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ