中溝 裕子なかみぞ ゆうこ
プロゴルファー
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

生年月日:1965年10月5日
出身地:滋賀県彦根市出身
身長・体重:160センチ、48キロ
血液型:骨髄移植後AB型がB型に変わる
趣味:スポーツ観戦とテレビゲームと料理
好きな色:オレンジ

経歴

中学2年の時初めてゴルフクラブを握る。
森口祐子プロに憧れ、プロゴルファーになりたいと考え始める。
ゴルフ部のあるPL学園に進学を考えたが、森口プロから高校時代は
ゴルフをせず、他のスポーツで足腰を鍛えた方がいいとアドバイスされ、
地元の滋賀県立能登川高校でソフトボール部にて汗を流す。
卒業後、森口プロの師匠 故井上清次プロの弟子になり、研修生として練習に励む。
のちに、彦根カントリークラブに移り昭和63年プロテストに合格する。
しかし3年目の年に、白血病の仲間、骨髄異形成症候群と判明。
治療法は、骨髄移植しかないと知り、ショックと絶望感から、極度ノイローゼに陥る。
その時、いろんな素晴らしい方々と出会いがあり、すべて前向きに考える
意識改革ができるようになる。
そして自らを励ましこの難病と戦う姿勢を身に付ける。
平成7年万木城カントリークラブに移籍。病気の進行もなく、自覚症状もなく、
試合に出場していたが、血液専門の、溝口秀明教授を紹介される。
その後、貧血が進み輸血が必要となる。平成9年には、血小板輸血も始まり、
熱が出るなど、感染症を繰り返すようになる。
移植をするか否か悩んでいたが、阿武松親方の一言で骨髄移植を決意、
妹がドナーとなり、平成9年12月3日骨髄移植が行われた。
激減していた血球は、見事に回復するが、移植後の拒絶反応や、
免疫力低下の為感染症にかかり、入退院を繰り返す。
延べ2年半年の入院生活のなか、叔母の勧めで、絵手紙をはじめる。
のちに勇気や、元気を与ようと筆文字を書くようになり、
同じく入院する患者さんたちに、喜んでいただく。
現在、全国で前向きの考え方、生きる勇気、信念についての講演や
筆文字の作品制作、そしてプロゴルファーとして復帰に向け活動中。

主な講演テーマ

「骨髄移植について」

「病気で経験したこと」
「前向きな気持ちの大切さ」
「あきらめない」

実績

『みんながいるから今があるから』(集英社)
『リカバリー!-骨髄移植を乗り越えて』【発売中】(新潮社)
毎日新聞夕刊(大版)「Rebirth」『明日へのショット』全16回

主な著書など

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ