加来 耕三かく こうぞう
歴史家・作家 (株)加来耕三事務所 代表
講師候補に入れるプリントする

登録ジャンル:

プロフィール

昭和33年10月29日、大阪生まれ。
奈良大学文学部史学科卒業後、奈良大学文学部研究員。
(株)NGS編集長 現在は大学、企業の講師を務めながら、歴史家・作家として著作活動をおこなっている。
(株)加来耕三事務所 代表 『歴史研究』編集委員
内外情勢調査会、地方行財政調査会、外交知識普及会、政経懇談会、中小企業大学校などの各講師。

経歴

昭和58年(1983年)4月より、歴史的に正しく評価されていない人物・組織の復権をテーマに、著作活動に入る。
加来耕三の作家としての特長は、一度、関心をもったテーマ・歴史上の人物を、繰り返し可能な限り調査・分析することで、新たな資料の発掘や新しい解釈が可能になると、いかに売れている書籍でも品切れ・絶版とし、改めて執筆・刊行するところにある。

主な講演テーマ

「歴史は活用してこそ意義がある」

使えない歴史は意味がない」と常に主張してきたが加来耕三らしく、歴史をいかに具体的に、日常生活や仕事に活用するか、が大きなテーマとなっている。
加来の講演の特徴は、著作で述べたことを、極力、公園では語らないところにある。
また、講演ではオフレコの時事情報や分析報告も登場することが少なくない。

専門分野

歴史組織学を独自に提唱。
歴史心理学、歴史哲学を応用した人物評伝の執筆、研究。
その他、派生的に国際情勢の分析と近未来の予測。(「未来構造研究会」を主催)
時代考証。
蛇足ながら、趣味が高じての武道(古武道・現代武道)の解説。
同じく 趣味が高じての、中国古典、オランダものの翻訳、出版。

主な活動

著作・講演のほか、専門知識を駆使し、時代考証はもちろん、テレビ・ラジオ番組で監修・構成・出演などを多数、手がけている。

関わったテレビ番組には、『堂々日本』『ニッポンときめき歴史館』『その時 歴史が動いた』(NHK)、『知ってるつもり』『おもいっきりテレビ』(日本テレビ)、『歴史ワイドショウ60』(CS/歴史専門チャンネル)、『Morning Access ビーエス朝!』(BS朝日)、『月曜スペシャル・THE古武道』(テレビ東京)、『おはようナイスデイ』(フジテレビ)、『BS生テレビ紀行』(NHK衛星第2)など。

所属団体

歴史研究会/日本ペンクラブ/日本歴史学会/日本推理作家協会/日本武道学会(手続き中)

主な著書など

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ