手嶋 龍一てしま りゅういち
外交ジャーナリスト・作家
講師候補に入れるプリントする

経歴

1949年北海道生まれ。
慶応義塾大学経済学部を経てNHK記者となり、政治部で首相官邸、外務省、自民党を担当したあと、1987年から91年までワシントン特派員。その後、ハーバード大学国際問題研究所へ召聘されシニア・フェローをつとめる。 1995年からドイツのボン支局長、1997年から2005年までNHKワシントン支局長。
ブッシュ大統領やチェイニー副大統領、ラムズフェルド国防長官らへの単独インタビューをこなし、2001年9月11日の同時多発テロ事件に際しては十一日間連続の二十四時間中継放送を担当。テレビ・ドキュメンタリー『聖戦への暴走』を制作する。NHKを代表する大型ドキュメンタリーの制作、出演で知られる。最新作にBSドキュメンタリー『外交の瞬間 71 年・ニクソン機密テープが語る米中接近』(2005年6月)がある。
2005年6月、NHKから独立。現在は外交ジャーナリスト・作家として、外交、安全保障問題を素材に幅広い著作に専念している。2006年3月に出版した小説『ウルトラ・ダラー』(新潮社)がベストセラーとなる。
日本のみならず、アメリカやヨーロッパにも幅広い人脈を有し、英米の大学や研究所と連携して、外交・安全保障に関する共同研究にも取り組んでいる。
2006年4月、早稲田大学政経学部大学院客員教授に就任。

ドイツのNHK ボン支局長を経て、1997 年から8 年間にわたってNHK ワシントン支局長をつと
める。9・11 同時多発テロ事件に際しては、11 日間連続で昼夜放送を担い、その冷徹な分析は
視聴者から圧倒的な信頼を得た。1990 年代の半ばにはハーバード大学の国際問題研究所にフェ
ローとして招聘される。2005 年にNHKから独立後発表したインテリジェンス小説『ウルトラ・
ダラー』とその姉妹編に当たる『スギハラ・ダラー』は、総計で40 万部を超えるベストセラーに。
『インテリジェンスの賢者たち』『外交敗戦』『たそがれゆく日米同盟〜ニッポンFSX を撃て』(い
ずれも新潮文庫)もまたロングセラーとなる。慶応義塾大学教授として後進の指導にもあたっ
ている。

主な講演テーマ

「これからの内外情勢を読む」

「インテリジェンス感覚を磨くために」
「どうなる日本そして世界」

実績

【主な著書】
「たそがれゆく日米同盟〜ニッポン FSX を撃て〜」(新潮文庫)
「外交敗戦〜130億ドルは砂に消えた〜」(新潮文庫)
「二十一世紀の戦争」(宮沢喜一、立花隆氏らと共著)(文芸春秋社)

主な著書など

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ