露の都つゆの みやこ
落語家
講師候補に入れるプリントする

登録ジャンル:

プロフィール

本 名  小山眞理子(こやままりこ)
出 身  大阪府堺市

経歴

1974年 露の五郎に入門
1975年 京都花月劇場で、露の都として初舞台
1988年〜 東京の国立演芸場、鈴本演芸場に数多く出演
1991年〜 史上初の「東西女流落語会」を主宰、以降毎年、大阪と東京で開催。現在も継続して毎年12月に公演
2004年
12月〜 (社)上方落語協会の初代女性部長に就任(女性部愛称:上方笑女隊)
2008年
7月〜 (社)上方落語協会の理事に就任

実績

平成22年度(第65回)文化庁芸術祭賞優秀賞受賞

【活動】
独演会や勉強会などを継続し、落語に取り組む姿勢は常に意欲的である。
文化庁芸術祭、大阪文化祭などに数多く参加。演目は人情噺、滑稽噺、芝居噺とその幅は広く、女性ならではの味を出し、古典落語に新たな発見を続ける。読売テレビの「平成紅梅亭」などにも出演。
また、地域でこども落語教室を開くなど地域の文化振興にも力を注いでいる。
2001年8月より「露の都の古典落語百選」に挑戦。毎月2席〜3席のペースで新しいネタを下ろし、2005年10月、遂に百席を完走!女性落語家として史上初の快挙を成し遂げる。
2004年12月、(社)上方落語協会の初代女性部長に就任し、(女性部愛称:上方笑女隊)、落語界の女性の進出を目指して活動。
一方、数少ない母親落語家としてその生き様を語る講演活動にも忙しい。

主な著書など

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ