春風亭小朝しゅんぷうていこあさ
落語家・俳優・音楽家
講師候補に入れるプリントする

経歴

1955年(昭和30年)3月6日 東京駒込生まれ
1970年(昭和45年)、春風亭柳朝に入門、1980年(昭和55年)25才で真打昇進。
落語家以外にもドラマ、クラシック音楽、ジャズと様々な活動を展開している。
年間200回を超える独演会、講演会を行い、特に歌舞伎座3夜連続、銀座博品間劇場30日間連続独演会、その他新橋演舞場、京都南座と大劇場での公演を多く企画する。
1997年(平成9年)10月11日には落語界初の日本武道館での独演会を開催。超満員のお客様を集め、大作を2席口演し大好評を博す。
2001年(平成13年)4月に、日生劇場の3日間連続講演で山田五十鈴と初共演をはたし、各方面から絶賛される。
2003年(平成15年)6月、新宿コマ劇場の「恋や恋浮かれ死神」では落語家初の座長公演を行う。
また、同年2月に笑福亭鶴瓶、林家正蔵、春風亭昇太、立川志の輔、柳家花緑と落語ユニット「六人の会」を結成し、落語界の活性化と落語の普及のために活動の場を広げている。活動の主なものとして、2004年(平成16年)より7月の3日間、落語家が所属する各団体、一門を超えて参加する、落語界始まって以来のイベントである<大銀座落語祭>を銀座で開催する。
東西の落語家、色物、お笑い芸人が200名以上出演し、3回目の昨年は35,000人の落語ファンを集めた。2007年(平成19年)は更にスケールアップし7月12日〜16日までの5日間、11会場で開催した。銀座の夏の風物詩ともなりつつある。

主な講演テーマ

『春風亭小朝の人生笑談』

『健康万歳!!』
『僕のチャレンジ人生録』

実績

【出版物・CD】
1998年(平成10年)7月1日
「小朝の夢高座 その1-牧丹燈籠ー」のCDをソニーレコーダーから発売。
2000年(平成12年)2月
「言葉の嵐」筑摩書房より出版
「苦悩する落語」光文社カッパ・ブックスより出版
2006年(平成18年)9月
「今、胎動する落語」ぴあより出版

【これまでの主な受賞歴】
1981年(昭和56年)1月「放送演芸大賞」受賞
1984年(昭和59年)12月「第39回芸術最優秀賞」受賞
1986年(昭和61年)3月「第36回芸術選奨文部大臣新人賞」受賞
1988年(昭和63年)3月「ゴールデンアロー賞芸能部門賞」受賞
1996年(平成8年)12月「第13回浅草芸能大賞」大賞受賞

主な著書など

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ