鈴木 登紀子すずき ときこ
日本料理研究家
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

924年、青森県生まれ。
料理上手な母、お千代さんから日本料理を学ぶ。
家庭的な惣菜から酒の肴、懐石料理まで幅広いレパートリーをもつ。昔ながらの丁寧な料理法、細かな和食の心や美しい盛り付けを教えてくれる。
東京・田園調布の自宅で行われている料理教室も評判。
孫5人、ひ孫5人のよきおばあちゃんでもある。

いまでは忘れられつつある日本料理のすばらしさとその奥深さを優しい語り口で伝える、“登紀子ばぁば”こと鈴木登紀子さん。言わずと知れた日本料理の第一人者です。81歳となる現在も、NHKの番組『きょうの料理』に出演し、多方面の雑誌から取材を受け、料理の本などの執筆を行う一方、ご自宅で行う料理教室も精力的にこなしていらっしゃいます。

料理の仕事は何時間も立ちっぱなしで行われるのが普通ですが、若いスタッフが驚くほどお元気。「料理は健康でなければできません」とおっしゃる鈴木さんのパワーの源は、「旬のおいしいものを朝昼晩バランスよく食べること」。旬の食材を用いた、香りや彩りの美しい季節の料理は健康だけでなく、心の豊かさも育くみます。

主な著書など

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ