イベントやライブはどうなる? 

先日 政府は5月25日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴うイベントなどの開催制限について、段階的に緩和する方針を発表しました。 入場者数や収容人数による目安を設け、その上で、3週間ごとに制限を緩和していくというものです。 『新型コロナウイルス感染症対策本部』で示された方針の中から イベント開催かかわる部分をまとめてみました。

——————————————–

コンサートや展示会開催の目安 

【ステップ① 5月25日〜】 

入場者数の上限  屋内で100人、屋外で200人 または、収容人数の50% (※どちらか小さい方を上限とする) 
 

【ステップ② 6月19日〜】 

入場者数の上限  屋内、屋外ともに1000人 または、収容人数の50% (※どちらか小さい方を上限とする) 

  【ステップ③ 7月10日〜】

入場者数の上限 屋内、屋外ともに5000人 または、収容人数の50% (※どちらか小さい方を上限とする) 

  【8月1日〜】

 入場者数の上限を「収容人数の50%以内」とすれば、イベントの規模に関わらず開催ができる。 

 

展示会については、収容率は各段階とも50%を維持する。 

参加人数は、5月25日から100人、6月19日から1000人、7月10日から5000人を想定している。 

お祭り・野外フェスは、全国的・広域的なものは8月1日までは自粛。 

8月1日以降は、できれば2mの十分な間隔を開けて開催する。 

 

  プロスポーツのイベント開催の目安 

6月19日までは開催の自粛を要請するが、19日以降は、無観客での開催が認められる。 7月10日以降は、人数上限5000人などの制限を設けた上で開催するよう求める。 

 

 

——————————————-

3段階のステップの後、8月1日を目途に、人数の上限を定めないイベントを解禁する予定とのこと。

新しい生活様式に基づく行動。手指消毒やマスク着用など基本的な感染防止策を徹底・継続しながら、イベントの主催者(企画者・出演者含め)はガイドラインに基づく行動、参加者の連絡先の把握や、イベント前後の感染対策(行動管理)のよびかけなどをしながら 段階的に緩和し開催していくことができます。

講演会インフォでも、リアルセミナーや研修の開催について 主催者様と一緒に対策をしながら開催のお手伝いを致します。

お気軽にご相談下さい。