本日は、ホスピタルクラウン・㈱プレジャー企画会長、大棟耕介先生のご講演

テーマは「今を大切に!クラウンが語る、笑いのチカラ、サービスのチカラ」
笑いは移ります。間接的にも笑いは伝わります。
例えば、病院。お母さんが笑ってないと子供も笑いません。まず、お母さんを笑わせる。
お母さんが笑うと隣の子供も子供も笑います。それだけでは足りません。
ナースセンターでナースも笑わせ、回診する医師に風船をかぶせたりして、医者も笑わせます。
彼氏とけんかした後は、会社にこなくていいです。迷惑です。
プロポーズされた後は、最高の接客ができます。さらに、笑いは免疫力を高めます。
人間の体は自分で自分をだますことができます。
壁を見て笑うだけでも、免疫力は上がります。
笑う=呼吸量が増える  これはとてもいいことです。
怒っている人=近づけない これではコミュニケーションは生まれません。
笑う=距離が縮まる コミュニケーションが生まれ、所謂「ホウレンソウ」が円滑に行われ、会話の中から新しいアイデアも生まれます。

率直なわたくしの感想
今日いただいたたくさんのヒントを
毎日の生き方に活かさせて頂きます!