作家・国文学者林望先生。

イギリスに関してのご著書で各賞を受賞。近年は古典の評解書を多く執筆されており、日本の古典文学の楽しみ方などをテーマとしてお話をされます。