元バレーボール男子日本代表監督、大阪商業大学植田辰哉教授

選手としてまた、監督として男子バレーボール日本代表チームをオリンピックへと導いた闘将。

代表監督退任後は大学院にて修士課程修了後、大学で教鞭を執りながら選手の育成に尽力され、卓越したマネジメント力が光ります。