ウィルスと共存しながら生活する「新しい生活」が始まりました。

講演会インフォでは、人々の「学び」を途絶えさせてはいけないと思っています。

WEBセミナーの活用がこれまで以上に重要になりますが、会場に集まり、講師の話を生で拝聴する「リアルな講演会・セミナー」のニーズはなくなることはないでしょう。

経済活動が徐々にそんな中、それぞれの地域で、「コロナを生き抜く行動指針」というものが発表されています。

講演会インフォ本部がある「岐阜県」でも、「屋内催事」「屋外催事」における当面の指針がでました。

三密をさけて セミナーを行う場合の指針です。

運営者にもとめられるのは、重点的な消毒や受講者への呼びかけの実施などはもちろんのこと、適切な人数 適切な会場の手配

などこれまで以上に気をつけることがあります。そして肝心なセミナーの内容も工夫が必要になります。

講師との内容についての構成、制約のある中でもクオリティの高い内容を行うためには打ち合わせをこれまで以上にしていくことが必要になります。

企画の工夫/運営の工夫/内容の工夫

講演会インフォでは、講師ご紹介にとどまらず、当日の運営のお手伝いをこれまでもサービスとして行ってきました。

そこで培った運営のノウハウにこの3つの工夫を主催者様に寄り添って提案していきます。

講演会インフォにご相談ください。

主催者様の会合をサポートしていきます。