講師を探す

山本益博(やまもとますひろ)

料理評論家
講師ジャンル:
文化
教養
トークショー
料理
食育
文化・教養
出身地:東京都

プロフィール

早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。
TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。
料理評論(「東京・味のグランプリ」「グルマン」)の傍ら、料理人とのコラボによるイヴェントも数多く企画、
1985年、東京・有楽町レストラン「アピシウス」でジョエル・ロブションのディナーを企画プロデュースした
ことをきっかけに、レストランの催事、食品の商品開発の仕事に携わるようになる。
また、TV「探検レストラン」(テレビ朝日系列)では、小淵沢の駅弁「元気甲斐」の商品開発、荻窪のラーメン
屋開業プロジェクトに参加した。
2001年には、フランス政府より、農事功労勲章(メリット・アグリコル)シュヴァリエを受勲。
2014年には、農事功労章オフィシエを受勲。

近年は、医療企業との健康長寿食プロジェクトや病院の介護食の料理・食事・サービスに関するアドバイザーも務めている。また、広島県と青森県の食文化向上のためのプロジェクトにも参加している。
ご相談無料

未公開の講師情報も多数ございます。
お気軽にご連絡ください!

お電話の方はこちら
受付:10:00〜18:00(定休日:土日祝)

主な講演テーマ

そんな食べ方ではもったいない

「職人仕事の完璧主義者 イチローと『次郎』」
「そんな食べ方ではもったいない」
「サービスとホスピタリティ おもてなしの極意とは」
「千花12か月 大人の客の作法」

主な書籍

「さよなら名人藝 桂文楽の世界」(晶文社)
「パリのお菓子屋さん」(文化出版局)
「東京・味のグランプリ」(講談社)
「味な宿に泊まりたい」(新潮文庫)
「オペラの旅へようこそ」(NTTメディアスコープ)
「至福のすし『すきやばし次郎の職人芸術』」(新潮新書)
「そんな食べ方ではもったいない」(青春出版社)
「山本益博の厳選!取り寄せごはん」(青春出版社)
「大人の作法」(KKベストセラーズ)
「人間味という味が、いちばん美味しい」(大和書房)
「イチロー勝利への10ヶ条」(静山社文庫)
「立川談志を聴け」(プレジデント社)
「名人芸の黄金時代」(中公文庫)
「美食の世界地図」(竹書房新書)他
ご相談無料

未公開の講師情報も多数ございます。
お気軽にご連絡ください!

お電話の方はこちら
受付:10:00〜18:00(定休日:土日祝)
講師を探す 講師に登録する