講師を探す

黒川伊保子(くろかわいほこ)

株式会社 感性リサーチ 代表取締役 感性アナリスト 随筆家 倉敷芸術科大学 非常勤講師
講師ジャンル:
トークショー
出身地:

プロフィール

大学卒業後、コンピュータメーカーにてAI(人工知能)開発に携わり、脳とことばの研究を始める。やがて、脳機能論の立場から、語感の正体が「ことばの発音の身体感覚」であることを発見。AI分析の手法を用いて、世界初の語感分析法である『サブリミナル・インプレッション導出法』を開発し、マーケティングの世界に新境地を開拓した、感性分析の第一人者である。
“脳は、性別と年代別に、驚くほど違う意識の質を持っている。”
このような脳のホルモンバランス別の意識の方向性を精査し、それぞれの脳に「心地よい」ことばの音を割り出した。これにより、語感の男女年齢別の脳への訴求度も算出することができる。すなわち、このシステムをもってすれば、商品名の語感を明らかにし、その語感がターゲット市場(想定した買い手)にとって心地よい音かどうかを数値的に評価できるのである。こうした研究をベースに開始した商品名の語感分析サービスは、市場が多様化する21世紀ならではのマーケティング手法として、脚光を浴びている。
また、独自の脳の研究からくりだされる、男女脳の可笑しくも哀しいすれ違いを書いた随筆や、語感の秘密を紐解く著作も人気を博し、日本テレビ「世界一受けたい授業」やNHK教育テレビ「日本語なるほど塾」などに出演。
ananやSPA!など雑誌の恋愛特集のコメンテーターとしても定番の存在となる。
ご相談無料

未公開の講師情報も多数ございます。
お気軽にご連絡ください!

お電話の方はこちら
受付:10:00〜18:00(定休日:土日祝)

経歴

1959年 長野県生まれ、栃木県育ち。
1983年 奈良女子大学 理学部 物理学科卒。
(株)富士通ソーシアルサイエンスラボラトリにて、14年に亘り人工知能(AI)の研究に従事した後、コンサルタント会社勤務、民間の研究所を経て、
2003年 (株)感性リサーチを設立、代表取締役に就任。
2004年 脳機能論とAIの集大成による語感分析法『サブリミナル・インプレッション導出法』を発表。サービス開始と同時に化粧品、自動車、食品業界などの新商品名分析を相次いで受注し、感性分析の第一人者となる。
2005年 倉敷芸術科学大学非常勤講師就任。
2006年 大前研一アタッカーズビジネススクールで、感性マーケティング講座を開講

主な講演テーマ

「幸せ脳になろう」

主な著書・共著

「なぜ、人は7年で飽きるのか 〜流行のメカニズム『脳の7周年期を解く〜』 (日経出版 2007.5)
「明日の元気のつくり方 〜恋に!仕事に!遊びに!〜」 (PHP研究所 2007.2)
「しあわせ脳練・習・帖」 (講談社 2006.6)
「『しあわせ脳』に育てよう! 〜子どもを伸ばす4つのルール〜」 (講談社 2006.4)
「恋愛脳 〜男心と女心は、なぜこうもすれ違うのか〜」 (新潮社 2006.3)
「女たちはなぜ『口コミ』の魔力にハマるのか」 (ベストセラーズ 2005.4)
「感じることば 〜情緒をめぐる思考の実験〜」 (筑摩書房 2003.4)
ご相談無料

未公開の講師情報も多数ございます。
お気軽にご連絡ください!

お電話の方はこちら
受付:10:00〜18:00(定休日:土日祝)

黒川伊保子

株式会社 感性リサーチ 代表取締役 感性アナリスト 随筆家 倉敷芸術科大学 非常勤講師

講師を探す 講師に登録する