講師を探す

三浦瑠麗(みうらるり)

国際政治学者  株式会社山猫研究所代表
講師ジャンル:
政治・経済
政治
国際情勢
出身地:神奈川県

プロフィール

1980年10月神奈川県茅ケ崎市生まれ。
内政が外交に及ぼす影響の研究など、国際政治理論と比較政治が専門。東京大学大学院法学政治学研究科総合法政専攻博士課程修了、博士(法学)。東京大学大学院公共政策大学院専門修士課程修了、東京大学農学部卒業。日本学術振興会特別研究員、東京大学政策ビジョン研究センター講師などを経て2019年より現職。青山学院大学で非常勤講師として国際関係概論を教えている。
主要業績に、『21世紀の戦争と平和―徴兵制はなぜ再び必要とされているのか』(新潮社、2019年)、『シビリアンの戦争―デモクラシーが攻撃的になるとき』(岩波書店、2012年)がある。『あなたに伝えたい政治の話』(文春新書、2018年)、『「トランプ時代」の新世界秩序』(潮新書、2017年)、『国家の矛盾』(高村正彦・三浦瑠麗共著、新潮新書、2017年)、『国民国家のリアリズム』(三浦瑠麗・猪瀬直樹共著、角川新書、2017年)、『日本に絶望している人のための政治入門』(文春新書、2015年)など著作多数。
ご相談無料

未公開の講師情報も多数ございます。
お気軽にご連絡ください!

お電話の方はこちら
受付:10:00〜18:00(定休日:土日祝)

主な講演テーマ

「世界はどこへ向かおうとしているのか」

「安保法制をめぐる左右の言論状況とこれからの日本」
「新勢力均衡時代の米国と日本」
「激変する国際情勢と日本」
「アメリカ大統領選と日本を取り巻く国際情勢」
「激動する国際秩序と日本(総花的)」
「憲法改正とシビリアンコントロール(安全保障と憲法偏重)」
「ポピュリズムとポストトゥルースの時代(先進国と日本の比較)」
「維新運動の総括ーなぜ大阪で改革保守が根付いたか」
「21世紀の戦争と平和ー徴兵制はなぜ再び必要とされているのか(著書の内容)」
「安倍政権の中間総括」

役職・受賞等

内閣総理大臣主宰の「安全保障と防衛力に関する懇談会」委員(2018年8月より12月)、共同通信・「報道と読者」委員会第8、9期委員(2015年8月より現在)、フジテレビ番組審議委員(2019年4月より)、読売新聞読書委員(2017年1月より2018年12月)などを歴任。フジサンケイグループ正論新風賞(2017年)、東京大学大学院法学政治学研究科 博士(法学)特別優秀賞(2010年)、自由民主党外交・国際政治論文コンテスト初代総裁賞(2014)な受賞多数。
ご相談無料

未公開の講師情報も多数ございます。
お気軽にご連絡ください!

お電話の方はこちら
受付:10:00〜18:00(定休日:土日祝)

三浦瑠麗

国際政治学者  株式会社山猫研究所代表

講師を探す 講師に登録する