講師を探す

増田雅昭(ますだ まさあき)

気象予報士
講師ジャンル:
ライフスタイル
防災
気象
環境・科学
出身地:滋賀県

プロフィール

1977年滋賀県甲賀市生まれ。TBSテレビ・ラジオ気象キャスター。
大学在学中に気象予報士を取得し、民放キー局の報道番組に学生予報士として出演。
気象キャスターに携わりながら、企業・自治体・個人などへのオーダーメイド予報や気象相談員・アドバイザーも長年担当している。甲子園での夏の高校野球で大会本部気象担当を務めたことも。
「Yahoo!ニュース個人」などで気象の時事解説を執筆するほか、災害から身を守る気象情報の使い方などの講演も行っている。

【出身大学/学部】横浜国立大学/経営学部
【趣味・特技】野球(少年野球のコーチもしてます)、スノーボード、スポーツと天気の関係をさぐること
ご相談無料

未公開の講師情報も多数ございます。
お気軽にご連絡ください!

お電話の方はこちら
受付:10:00〜18:00(定休日:土日祝)

主な講演テーマ

災害から身を守る天気予報の使い方

記録的猛暑や豪雨災害、大型台風など、異常気象が多発する昨今。災害から自分の身を守るには、「自分の身に危険が迫っているかもしれない」と察知できるかどうかが、なによりも重要です。
では、危険を察知するためにはどうしたらいいのか。天気予報のどこに注目したら良い?必要な情報はどうやって手に入れれば良い?気象用語ってなんだか難しくてよく分からない・・・そんなあなたのために、今日から使えるお役立ちお天気情報をお伝えします。

【建設現場で役立つ気象情報および災害対策】
突風、豪雨、雷・・・建設現場など屋外の作業現場において、天候の変化は、進捗のみならず、身の安全にもかかわる重要な情報です。
また、近年頻発する「災害級の暑さ」により、熱中症への備えもこれまで以上に必要となっています。安全に働くために役立つ気象情報と、その災害対策をお話しさせていただきます。

【テレビの天気予報の裏側】
放送時間2分。そのたった2分のために、テレビの裏側ではいろいろな戦いが繰り広げられています。
刻一刻と変わる天気をすばやく正しく伝えるために、現場で起こる戦いとは?!いつもの何気ない天気予報も、これを聞けばちょっと見る目が変わる。講演会だから言える、気象予報士という仕事の裏側をお話しします。

【お天気出前授業・実験イベント】
なんで雲は白いの?なんで雷がなるの?
ふと空を見上げて不思議に思ったことはありませんか
。いつも身近にあるのに、意外と知らない天気のひみつを、実験やクイズを通してお伝えします。
お子さんやご家族連れに人気の、楽しく学べるお天気教室です。
ご相談無料

未公開の講師情報も多数ございます。
お気軽にご連絡ください!

お電話の方はこちら
受付:10:00〜18:00(定休日:土日祝)
講師を探す 講師に登録する