講師を探す

渡邉俊幸(わたなべとしゆき)

気象とコミュニケーションデザイン代表・気象予報士
講師ジャンル:
防災
気象
環境・科学
WEB・オンライン対応
出身地:愛知県

プロフィール

2001年より愛知県旧西枇杷島町の防災担当として災害対策に従事。
2005年に民間気象会社に移り、情報を伝える側として全国の自治体などに向けて防災気象情報を提供。その後、民間シンクタンクを経て、2013年よりオーストラリア・クイーンズランド大学大学院修士課程にて気象情報の利用に関する研究を進める。
2014年から水害対策で世界の先端を行くオランダに拠点を移し、気象情報の利用や水害対策についてコンサルティングを行う気象とコミュニケーションデザインを設立。
2017年から2018年にかけて、世界銀行の防災分野のシニアコンサルタントとしてエチオピア政府を対象としたプロジェクトにも参画。企業や自治体、地域住民を対象としたオンライン防災セミナーや気象情報の利活用に関する記事などを執筆。国際基督教大学卒業。1977年、愛知県生まれ。
ご相談無料

未公開の講師情報も多数ございます。
お気軽にご連絡ください!

お電話の方はこちら
受付:10:00〜18:00(定休日:土日祝)

オンライン講演・webセミナー対応可能

詳細については、講演会インフォスタッフまでご相談ください。

主な講演テーマ

「水害対策に役立つ気象情報の実践的な使い方」

近年、日本各地では台風や豪雨による災害が多発しています。そうした自然の脅威が迫る際に求められるのが事前の防災対策であり避難行動です。水害は地震とは異なり、気象庁や自治体などから警戒を呼びかける情報が出されるわけですが、そうした情報の意味や使い方を理解しておかなければタイムリーな判断はできません。ただし、各種情報の理解の仕方にもコツがあります。情報を単に覚えようとするのではなく、先に災害に対する地域の弱さを把握した上で、危険性の高まりがどう情報に現れるか?を見ていくこと。それがポイントです。このセミナーでは各地域の災害特性やリスクの調べ方から始め、危険が高まった時に判断の参考としたい情報について専門用語を使わず分かりやすく解説していきます。

講演実績

「台風や豪雨に対する避難行動を従業員に促す際の注意点―国が進める『避難行動判定フロー』を事例としてー」 (事業者向け。リスク対策.com主催事業)、「防災基礎講座『気象災害から身を守るために〜気象情報の活用術〜』」(住民向け。東京都港区防災課主催事業)、「気象情報活用レベルアップセミナー-気象情報から具体的な影響を先読みできるようにする-」(事業者向け。リスク対策.com主催事業)など。

連載

「危機管理担当者が最低限知っておきたい気象の知識」シリーズ(リスク対策.com)
ご相談無料

未公開の講師情報も多数ございます。
お気軽にご連絡ください!

お電話の方はこちら
受付:10:00〜18:00(定休日:土日祝)

渡邉俊幸

気象とコミュニケーションデザイン代表・気象予報士

講師を探す 講師に登録する