講師を探す

鈴木康弘(すずきやすひろ)

株式会社デジタルシフトウェーブ代表取締役社長(現任)/  SBIホールディングス株式会社独立社外取締役(兼任) /  一般社団法人 日本オムニチャネル協会 会長(兼任)/  学校法人電子学園 情報経営イノベーション専門職大学 客員教授(兼任)
講師ジャンル:
ビジネス
ライフスタイル
WEB・オンライン対応
出身地:東京都

プロフィール

1987年富士通に入社。SEとしてシステム開発・顧客サポートに従事。
1996年ソフトバンクに移り、営業、新規事業企画に携わる。
1999年ネット書籍販売会社、イー・ショッピング・ブックス(現セブンネットショッピング)を設立し、代表取締役社長就任。
2006年セブン&アイHLDGS.グループ傘下に入る。2014年セブン&アイHLDGS.執行役員CIO就任。 グループオムニチャネル戦略のリーダーを務める。2015年同社取締役執行役員CIO就任。 2016年同社を退社し、2017年デジタルシフトウェーブを設立。同社代表取締役社長に就任。 デジタルシフトを目指す企業の支援を実施している。
SBIホールディングス社外役員、日本オムニチャネル協会 会長、学校法人電子学園 情報経営イノベーション専門職大学 客員教授を兼任。
ご相談無料

未公開の講師情報も多数ございます。
お気軽にご連絡ください!

お電話の方はこちら
受付:10:00〜18:00(定休日:土日祝)

オンライン講演・webセミナー対応可能

詳細については、講演会インフォスタッフまでご相談ください。

主な講演テーマ

迫りくるDXの波に日本企業はどう立ち向かうか

アマゾンの快進撃から生まれた言葉「アマゾンエフェクト」にあるように、インターネット通販(EC)のAmazonが成長、進出によって多くの業界や市場で、既存の小売業をはじめとした様々な企業が影響を受けています。
しかも、現在では、コロナ禍の影響で状況はさらに深刻です。この危機に立ち向かうために、企業のDX(デジタル化への移行)は急務であり、大きな課題になっています。DXの推進は、全社的プロジェクトとして、経営者の決意と覚悟、組織の体制作り、現場や若手を取り込むマネジメントがポイントとなる。今回は、自身がデジタル化推進に挑んだ多様な経験をふまえ、DXの本質から、企業のDXを成功に導く秘訣を解説する。

講演実績

NEC/パナソニック/テンセント/日本小売業協会/日経 xTECH/日経 xTREND/日経BP総研/宣伝会議/中央大学ビジネススクール/マーケティングアジェンダ/日本経営合理化協会/企業家倶楽部/共同通信/日本自動車工業会/日本経営士会/日本プロジェクトマネジメント協会/出版研究センター/株式会社リックテレコム 月刊コールセンタージャパン/その他

著書

アマゾンエフェクト! ―「究極の顧客戦略」に日本企業はどう立ち向かうか(プレジデント社)
ご相談無料

未公開の講師情報も多数ございます。
お気軽にご連絡ください!

お電話の方はこちら
受付:10:00〜18:00(定休日:土日祝)

鈴木康弘

株式会社デジタルシフトウェーブ代表取締役社長(現任)/  SBIホールディングス株式会社独立社外取締役(兼任) /  一般社団法人 日本オムニチャネル協会 会長(兼任)/  学校法人電子学園 情報経営イノベーション専門職大学 客員教授(兼任)

講師を探す 講師に登録する