講師を探す

グエン・ドク(ぐえん・どく)

平和親善大使「ベトちゃんドクちゃん」
講師ジャンル:
人権・福祉
教育
WEB・オンライン対応
出身地:その他(海外)

プロフィール

1981年2月25日生まれ。
お兄さんのグエン・ベト(Nguyen Viet)さんと下半身がつながった結合双生児で生まれました。
1988年、ベトナム医師団と日本赤十字の医師団により、ホーチミンのツーズー病院で分離手術が行われました。17時間に及ぶ大手術は成功しましたが、ベトさんは手術前に患った脳症で、寝たきりの状態が続きました。
1989年から1996年までドクさんは学校へ通い、その後高等職業学校 情報学科に入学。プログラミングなどを学び、病院の事務員の仕事、ボランティア活動などで活躍。
2006年にグエン ティ タイン テュエンさんと結婚。結婚後は兄ベトさんを引き取り、夫婦で介護していました。
2007年、ベトさんは天国に。
2009年10月25日、男女の双子を授かりました。
男の子はグエン・フー・シー(Nguyen Phu Si)さん。富士山から命名。
女の子はグエン・アイン・ダオ(Nguyen Anh Dao)さん。桜から命名。
2017年3月3日、ベトナム訪問中の 明仁上皇陛下と対面、4月からは年に数回、広島国際大学で客員教授として講義するなど、 名実ともに日本とベトナムの架橋に。
現在、ホーチミン市人民委員会の 日越友好協会の委員となり、市の外交委員を担当
サザンブリーズ株式会社の平和事業部長を担当、日本へのマスクの寄付など、多岐に渡り活動中。NPO法人“美しい世界のため”の代表を務める。 
ご相談無料

未公開の講師情報も多数ございます。
お気軽にご連絡ください!

お電話の方はこちら
受付:10:00〜18:00(定休日:土日祝)

オンライン講演のみの対応となります。

詳細については、講演会インフォスタッフまでご相談ください。

主な講演テーマ

ベトちゃんドクちゃんのドクさんと考える ”平和への想い”

ベトナム戦争は1955年頃~1975年4月30日まで、約20年もの間、インドシナ半島を巡って起きた戦争です。
「宣戦布告なき戦争」であった為、始まった日は 明確に決められないが、第一次インドシナ戦争で、南北に分断されたベトナム政権に、北ベトナムにはソ連、南ベトナムにはアメリカが介入したという、表向きは 「北ベトナム」対「南ベトナム・アメリカ」の戦いだったが本質的には「共産主義」対「資本主義」の戦争でした。
1962~71年にかけてアメリカ軍は戦地での病気を招く害虫の駆除という建前で上空から枯葉剤の散布する「ランチハンド作戦」を開始しました。
この枯葉剤により、腹部と生殖器、肛門部分が繋がり、2本の脚と1本の短い脚しかついてない状態の結合双生児として1981年2月25日に産まれたのが「ベトちゃんドクちゃん」です。
1980年代からベトちゃんドクちゃんの結合双生児の写真が日本中に紹介され、1985年に「ベトちゃんとドクちゃんの発達を願う会」が結成され、車椅子を贈り、その後も日本から多くの温かい支援が届き、ベトちゃんドクちゃんは日本の人々により助けられ・育てられました。
そんなドクちゃんも今では双子の父親となりましたが、今なお枯葉剤の後遺症に苦しんでおります。
自身の経験や生い立ちを元に基調講演の後、ドクさんとのオンライン交流会を実施します。
ドクさんとのオンライン交流を通じて戦争の悲惨さや残酷さ、平和の尊さを再確認し、枯葉剤の被害が原因でもたらされている現在の問題について講演します。

実績

日本各地での講演多数(50回以上)
ご相談無料

未公開の講師情報も多数ございます。
お気軽にご連絡ください!

お電話の方はこちら
受付:10:00〜18:00(定休日:土日祝)

グエン・ドク

平和親善大使「ベトちゃんドクちゃん」

講師を探す 講師に登録する