講師を探す

内田忠男(うちだただお)

国際ジャーナリスト 名古屋外国語大学現代国際学部教授
講師ジャンル:
政治
国際情勢
キャリア
経済
国際
出身地:

プロフィール

1939(昭和14)年6月9日、マニラ市(当時米領フィリピン群島)に生まれる。
ご相談無料

未公開の講師情報も多数ございます。
お気軽にご連絡ください!

お電話の方はこちら
受付:10:00〜18:00(定休日:土日祝)

経歴

日米開戦直前に日本に引き揚げ。東京教育大学付属
中・高校をへて、1962年慶応義塾大学経済学都卒。
同年読売新聞入社,主に東京本社社会都で記者活動。
1975年同社外報都に転じ、ロサンゼルス特派員。ロッキード事件に遭遇。
1978年同社を退社。 U.S.-Japan Bisiness News 社の副社長・編集主幹を努め
ながら文筆活動に従事。 1980年からテレビ朝日系の
報道番組「ビッグニュースショー、今世界は」の二ューョーク側キャスター。キッシンジャー博士をはじめとする米国の要人多数と単独会見。また、厳戒令下のポーランドでラコフスキ副首相やワレサ連帯議長との単独会見にも成功した。
1988年帰国。 10月から開局系「内田忠男モーニングショー」のメイン
キャスター。
1991年同局系ネットワークニュース「ステーションEYE」のメインキャスター
1993年から再びニューョークに駐在、2000年㈱テレビ朝日アメリカlnc.の取締役に
就任。開局の国際問題専任キャスターとして世界各地にも足を伸ばしながら活躍。
2003年3月同取締役退任。
2004年3月テレビ朝日との出演契約終了、フリーとなる。
2005年度から、山梨県立大学客員教授。(国際関係論、平和と安全保障)
2006年度より名古屋外国語大学現代国際学部教授。(国際関係論、現代アメリカ論ほか)
在米人脈は多岐に渡りアメリカ政財界の信頼も厚い。
2001年9月11日のアメリカ同時多発テロでは、事件直後から的確で素早い情報を日本に送り続けた。また西側ジャーナリストとしては、ほとんどの主要先進国首脳会議(サミット)の取材をしてきた数少ない一人。

主な講演テーマ

著書

マンハッタン ブロードキャスティング(1989年、日経通信社)
世紀末の日本と世界(1996年、近代文芸社)
国際ビジネスの基礎知識百科(1989年、主婦と生活社=監修)など。
雑誌、新聞などへの寄稿執筆も続けながら、講演多数。

ご相談無料

未公開の講師情報も多数ございます。
お気軽にご連絡ください!

お電話の方はこちら
受付:10:00〜18:00(定休日:土日祝)

内田忠男

国際ジャーナリスト 名古屋外国語大学現代国際学部教授

講師を探す 講師に登録する