司会者にはあらかじめ、講演会のスケジュールを共有してもらうために台本を作成し事前に渡しておきましょう。

以下の項目は司会台本を作成する時に重要なものなので忘れずに入れておきます。

  • 開演前のアナウンス
  • 会場を利用する場合の注意事項(喫煙やトイレの場所・避難経路・駐車場の案内など)
  • 携帯電話などマナーモード設定
  • 録音や録画などの禁止事項について
    (開場から開演まで時間がある時は 適宜何度かアナウンスするとよいでしょう)
  • 開演のアナウンス
  • 講演会の前に行事がある場合(主催者挨拶)
  • 講師の紹介・講師の呼び込み(とくに名前の間違いは注意)
  • 講演後のアナウンス
  • 質疑応答がある場合
  • 講演のお礼・講師退場
  • 終演のアナウンス

予算があればプロの司会、ナレーターに依頼することをお勧めしますが、講演会のほとんどでは主催者側の社員や関係者が行います。

人前で話をするのが慣れていなかったりすると、独特の雰囲気に飲み込まれてしまって講演会の進行がうまく進まない可能性があります。そういったことがないよう、可能な限りリハーサルを行い、当日に臨みましょう。

司会台本があれば何かあった場合でも確認しながら進行できますので、作成することを強くお勧めします。

以下で紹介する司会台本は講演会インフォで使用している台本のテンプレートです。もし台本作成に自信がなかったり言葉遣いに不安がある場合は参考にしてください。

<司会台本(案)サンプル>
ダウンロード